ゴルフアドレス ボールの位置はほぼ同じです、クラブの番手なりにアドレスすると良く分ります。

ボールの位置があまりしっくりこない、トップやダフりが発生してしまうなどありますか?
「ボールはこの位置になければ駄目だ」って思ってませんか?
基本的に、ボールの位置と言うのは、体の中心がベストですが、この中心を決める時に、身体の常に中心に置いてしまう事ではなく、クラブなりに中心にする事が重要となります。

まずは、クラブを持って正面に落としてきます。
簡単に申しますと、そこがボールの位置です。

当然、グリップエンドは左股関節辺りをさすので、クラブが短くなればなるほどスタンスは狭くなりますが、ボールの位置はほぼ中心にあると思います。
ドライバーはこの位置、7番アイアンはこの位置などと考えていれば、コースでは常にその位置にアドレス出来るかどうか分りませんので、クラブを正面に振り下ろした位置がボールの一打と言う事が決まっていれば、迷う事無く、常に同じ位置から打てると言う事になります。

しかし、昨今のクラブ事情では、ボールの位置は左胸前辺りで良いと言われています。
クラブの進化により、ボールの位置はあまり関係が無くなってきているという事なのでしょう。
しかしながら、特異な球を打たなければならない時に関しては、もちろんボールの位置は変えなければなりませんが、通常のボールを打つ上ではそれらは関係がありません。

アドレスについての情報はこちらから

クラブが変わると打てなくなる?それはアドレスを見直しましょう!
こちらも参照下さい

うまく打てない時等は基本に戻り、アドレスを見直すだけでも、かなり改善される事もありますので、アドレスの重要性は計り知れません。
また、初めが駄目なら、それからも駄目って事なのかもしれませんね!!
マスターがやり始めた頃の、レッスンプロはアドレスの事はあまり関心が無く、グリップ圧のみアドバイスされました。
今現在では、アドレスをその時からもっとしっかりやっておけば!?って感じます。

アドレスでの前傾姿勢の確認は以外と簡単

アドレスの前傾姿勢と体重移動を確認してみましょう!

打ちたい気持ちが強くなると、バランスが崩れますので、基本的には力を抜いて、力みの無いスイングをする事がベストです。
また、練習場での練習方法の内容でも、気持ちのゆとりを感じる事も出来ます。

自信につながる練習とは?

練習場で自信をつけよう!
こちらもご参照ください

皆様、一度お試し下さい

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする