ゴルフ スイングは常にハンドファーストのイメージで! ダウンスイング インパクト 飛距離アップ

ゴルフではハンドファーストという言葉がありますが、みなさんお聞きになられた事ありますか?
今回は、どのクラブでもハンドファーストの意識を忘れないってことをご紹介したいと思います。

全てのクラブはハンドファーストでいい!


お借りしました
画像のように、アドレスでは基本的にボールの位置が変えるので、あまり難しい考えを持ってインパクトさせる必要がないと考えます。
アドレスで作った形のままでいつも通りのスイングをするだけなのです。


お借りしました
例えばドライバーであれば、体の中心にヘッドが来るときには、インパクトはハンドファーストなのです。
ボールがやや左足に寄っているので、結果アッパーブローにヒットするとお考えください。

アイアンもハンドファースト!

アイアンは当たり前だ!って思われておりますが、アマチュアの初心者は思いの外できていない事が多いのです。アイアンもハンドファースト!
まずはやはり意識して打つってことをしてください。
ご自身でテイクバックでできたコックを、極力解かない(緩めない)でフォローまでスイングします。
注意点として、グリップを強く握ってしまいがちになりますが、あくまでも手首の固定ですのでご注意ください。
手首から先は固定し、腕の回転でインパクトするイメジです。

ヘッドの重さを感じて打つ!

次にヘッドの重さを感じるです。
どういうことかと申しますと、クラブヘッドを遅らせて打つ感覚といえばわかりやすいでしょうか?
重さを感じることで、グリップ側とヘッド側に遅れが生じます。
これが出来れば、かなり簡単にハンドファーストインパクトが可能になります。

お借りしました
バックスイングの始動で、ヘッドよりもグリップを先行させます。
トップからダウンスイングでも同じイメージで行うのですが、ヘッドがトップオブスイングに到達する前に手元が先行してダウンスイングに入るという事です。
最初は大きいスイングで行うのではなく、ビジネスゾーンで練習しましょう。
小さなスイングの延長が大きなスイングになると思われますので、焦らずまずは感覚を養うつもりで行いましょう〜

ボールの赤道を狙うぐらいで!

ボールの赤道ってご存知ですか?

お借りしました
ボールの赤道は、ちょうどボールの中心ラインの事です。
アイアンであれば、画像のようにリーディングエッジで赤道を狙います。
ドライバーであれば、小さなことは意識しないでボールを打つと言うよりも、ドライバーのスイング中にボールがあり、ぶつかって飛んで言った感じです。
どのクラブも同じですが、力まずまずはコンパクトなスイングから始めてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ゴルフ】【パター練習器】リョーマゴルフ RYOMA GOLF HAIRUストローク (ハイルストローク)
価格:3580円(税込、送料別) (2018/11/15時点)

楽天で購入

パターも同じくハンドファースト!

パターもハンドファースト!?って思われるかもしれませんが、実はそうなんです。
パターにもロフトがあることはご存知ですか?
ロフトとは、ボールをヒットさせる面の角度の事ですが、それに+2〜4度の角度がついているのです。
調査によると、約60センチを打つのに−6度でインパクトするよりも-8度でインパクトする方が転がりが良かったと言う事です。
しかし距離が少し長くなると、-8度ではインパクトでボールが跳ね上がり、転がりが悪くなるのです。
市販のパターの角度が+3度として、9センチハンドファーストにすると-3度になるのですが、-6度とかになるとかなり違和感を感じるでしょう〜
少し打ちにくいかもしれませんが、パッティングもハンドファーストの意識を持って、アドレスで少しハンドファーストにしてみて練習を重ねてください。
何にしてもまずは練習で、ボールの転がりを確認してみてください。
心地い打ち方を見つけてみてください。

一度お試しあれ〜

ではでは

マスターでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする