ゴルフ ボールに力を伝えて飛距離アップしよう!右手の使い方 コツ スイング 飛距離

飛距離はゴルファーにとって、とても重要なポイントになると思いますが、今回は少しスイングのポイントを変更して、飛距離アップを目指します。

スイングのポイントを知ろう!


お借りしました
まずは上記画像の様に、飛球線と平行にカゴを持って平行にスイングしましょう!
スイングバットやクラブを使って振ろうとすると、どうしてもボールを当てる事に意識し過ぎてしまいます。
そこでボールカゴやカバンなど少し大きなものを使ってスイングします。
これは、体の正面にあることを常に感じる事で、腕と体の同調を知ることができます。
またスイングが縦に腕を使わなくては、ならない事も分かると思います。
ポイントとして、腕がテイクバックでは反時計回りに使い、ダウンスイングでは時計回りに使う事でオンプレーンスイングとなります。

オンプレーンスイングの反復練習


お借りしました
画像の様に壁に頭をつけたままで、先ほどのカゴ練習を行います。
もし壁に腕やカゴが当たる様であれば、それは間違ったスイングという事になります。
ポイントを意識しながら行うと、余計な物には当たらなくなります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Sneell Golf (スネルゴルフ)2018年モデル MTB ボール1ダース(12球)
価格:4536円(税込、送料無料) (2018/3/15時点)

飛距離アップのポイントを知ろう!

力をボールにしっかりと伝えるためには、右腕の使い方がポイントとなります。
ダウンスイングで、右腕を回内しながら下ろしてくるという事です。

お借りしました、回内とは腕を内側に回す事ですね。
この動作を行いながら、腕を下ろして来るという事です。
この動作は、末端を早く振ろうとするために必要な動きとなります。


例えばピッチャーは投げ終わると、腕は回内していますし、テニスラケットも必ず腕が内側に回る事で、インパクトしていることがわかります。

ダウンスイングで右足前に落とす


お借りしました
ゴルフスイングは冒頭で申し上げた通り、縦に腕を使った回転のスイングです。
つまり力を出すためには回内を行い、右足前に振り落とす様に腕を使います。
まずは右足前に右腕を落とす様に、スイングすることを練習してください!
その感覚が掴める様になると、体全体を使った飛距離アップのスイングに繋がります!
上記画像はタイガー・ウッズのスイングです。
肩が開かず、しかし胸骨は回転し腰、腕を先導していることがわかります。
その証拠に、少し下半身が飛球線を向きつつあることです。

下半身のバンプでさらにパワーアップ!

上記右足前に力を落とすイメージが湧きにくい方は、ゴルフボールを右手に持ってそれを、右足前に投げてみましょう!
ゴルフボールが無い場合は、何でも構いません、片手で持てるものであれば問題ありません。
それを先ほど同様に、トップスイングから回内を行いながら右足前に投げてみてください!
うまくできない方は、まずはここから始められてもいいと思います。
感覚がつかめれば、次は下半身を使ってスイングします。
ダウンスイングに入る少し前に、右足で重心を左に移動させる様にします。

お借りしました
回転させるのではなく、右足にあった重心をスライドさせるイメージが強いと思います。
右足を回転させると、アウトサイドイン軌道になりやすくなるので、注意しましょう!
最後に注意点として、クラブシャフトを立てろというレッスンプロがいると思いますが、それはこの方法には合いません。
その方穂が間違っているとかではなく、上記の方法にはマッチしないということです。
右腕が回内するのですから、親指は下を向くほどになります。
そうなると、クラブは自然と遠心力に引っ張られ、まっすぐ飛球線に向くはずです。
クラブを田rてる事は意識しないで、思い切り腕を投げつけましょう〜

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする