ゴルフ グリーン攻略 パッティングに強くなろう!パター グリーン周り スコアアップ

ゴルフでは「パットイズマネー」と言われるほど、パッティングはゴルフのスコアに直結いたします。
今回はパッティングに関するあれこれをご紹介したいと思います。

パッティングは真っ直ぐに打つ!

当たり前なのですが当たり前にできないのが、真っ直ぐにボールを打つという事です。
グリーンでは様々なアンジュレーション(傾斜)を読んでボールをカップに入れるのですが、まずは狙ったところへ真っ直ぐに打つ技術が必要です!
どれだけアンジュレーションを読めたとしても、思い通りのラインにボールを転がせなければ、その仮想ラインにボールを運べないという事です。

自宅で簡単パッティングドリル

パッティンググリーンで普通にアドレスをして、ギリギリ目線に入る位置にコインの的なマークをセットします、(コインではボールがうまく転がらない場合は、マスキングテープなどでも結構です)さらにその先にはカップがあります。
この時にカップの手前に傾斜のついた練習グリーンよりも、フラットなグリーンが分かりやすいと思います。
そしてそのコインの上を通過すれば、必ずカップインする様にします。
あらかじめ目線ギリギリに見える様にしているのは、ボールがマークを通過したのかを確認する為と、あえてボールを目で追わない様にするためです。

マークを通過させて正確性と自信を強化!

ボールがマークを通過すると必ずカップインすることで、ご自身のパッティングに対する自信が出てきます。
変に悩んだり、余計なことばかりを考えていては、いわゆるイップスになってしまい、しっかりと打てなくなってしまいます。
上記の練習では、基本となるまっすぐ打つという事に付け加えて、自信までつけてくれるので一石二鳥というわけなのです!

グリーン傾斜を読んでみよう!

グリーンには必ずアンジュレーションが存在します。
アンジュレーションとは傾斜です。
ボールがどちらに曲がるのか?登りなのか下りなのか?
当たり前ですが、登りであれば強い目に打ち、下りであれば弱い目に打ちます。
左右の傾斜に関しては、なかなか言葉でご説明するのは難しいのですが、傾斜の度合いでボールの曲がり具合は大きく変化いたします。
しかも左右の傾斜には必ず、上りと下りが付いてきます。
カップに対して右に曲がる傾斜であれば、曲がり幅をおおよそ予想し、カップから左に何個分外すように打つのか?そこの見極めが必要となります。
右に曲がるのですから、カップの左側が高く右側が低いことはお分かりになると思いますので、打ち出す時にはほんの少し上りになって、カップの手前はほんの少し下りになると思います。
そんな少しのアンジュレーションでも、ボールは影響を受けて左右に転がるのです。

強く打つと影響は少なく、弱ければ大きい

パッティングは傾斜に対して初めに受ける影響は少なく、ボールの勢いが弱まると大きく影響を受けてしまいます。
打ち出す時はボールの勢いがあるので、傾斜の度合いにもよりますが必要以上に考えない事もあります。
逆にボールの勢いが弱まると、傾斜なりに転がるしかないので、傾斜の影響をモロに受けてしまうのですね!
それを鑑みてカップに近づけば近づくほど、傾斜の状態を把握することが大切なのです!
ただしコースによって、グリーン傾斜は様々です。
まずはグリーンになれることを目的とするならば、同じコースを何度もラウンドしてグリーンの転がり具合を経験されることをお勧めいたします。

コースに着いたら、練習グリーンでパッティングしておこう!

コースに行く前に打ちっ放し練習場や、コースの練習場などで体をほぐされたら、必ずパッティングもしておきましょう!
状況にもよると思いますが、練習グリーンでのパッティングは、カップインさせることよりも思ったところに打てるようにしましょう。
練習方法として比較的フラットな場所を選んで、ボールから約50センチの場所にティーを指します。
そのティーを目標に、先ずは10球打ちましょう!
ご自宅でのマークの上を通す事と同じで、ティーに当てる事がポイントです。

傾斜の感覚をつかもう

次にティーをカップと想定し適当に指します。(他のプレーヤーの邪魔にならない程度の場所選びましょう!)
約1メートル離れて四方からティーに向かって転がしましょう。あまり短いと曲がり幅がわかりづらいので、1メートル程度が妥当と考えます。
もしご自身の良い距離があれば、それが一番と思っていただいて構いません。
ご自身で本当にパッティングしているイメージで、利き手で転がしてみてください。
注意したいことは闇雲に投げたりするのではなく、パターで傾斜を計算して打つようなイメージで転がします!
どうしてもパッティングでは、ボールを追いかけてはストロークがずれてしまうので、あえて手で転がすことをお勧めいたします。
以上のことを踏まえて、パッティングに強くなりましょう!



皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする