ゴルフ どれだけ飛ばしてもパッティングが決まらねば上がれない! パッティング マレット ピンタイプ

ゴルフはボールを打つだけと簡単に思えて、奥が深いスポーツだと感じます。
今回は最後これが決まらなければ次のコースに行けない、上がれないパッティングです!

300ヤードも10センチも1打

豪快にティーショットを決めても、グリーンのカップ周りで何度もパッティングをしていては、いつまでもスコアアップは出来ません。
そこで確実に入れたいショートパットを、外さないためのドリルをご紹介いたします。
まずはご自宅でも簡単にできる方法からです!
市販のパッティンググリーンを使用し、カップにめがけて打つのではなく、約50センチの所に紙コップを置いてそれに向けて打ちます。
この時のポイントとして、ボールの勢いでカップを起こすように打ちます。

お借りしました
この様なイメージです。
このドリルは、ちょうど良い距離感を養う練習に最適です。
弱ければ紙コップは立ち上がりませんし、強ければ倒れてしまいます。
このドリルでショートパットを確実に入れれる様に練習しましょう!

Never up Never in 届かなければ入らない

パッティングでやりたくないのは、カップに届かないと言う事です。
強すぎてカップを通り過ぎても、カップを超えているという事は入るチャンスがあったと言う訳ですが、手前で止まってしまっては入る確率は0%なのです!
当たり前の話なのですが、まずはカップを超えるように意識しましょう!
あくまでも気持ちの部分ですが、人間はいざ本番になると気持ちが入りすぎたり、逆に不安になってしまったり不安定なことが多くあります。
これはアマでもプロでも関係なく起こりうることと考えますが、大きな違いとしては経験が左右されます。
プロのように賞金がかかるような試合の30センチのパッティングと、普段の何気ない我々アマチュアのパッティングでは、そこにのしかかるプレッシャーの差は計り知れません。
プレーとしては同じなのですが、全く別物と考えてもいいと思うほどに過酷なものと考えます。
しかしそんなパッティングでも、カップに届かせなければなりません!
次にご紹介したいドリルが、ボールを打ち抜くイメージです!

ボールの芯を撃ち抜こう!

カップに届かない原因として、ボールをしっかりと打ち抜くイメージを持つことです!
どれだけのショートパットであったとしても、ボールを打ち抜くイメージを忘れてはいけないのです。
芯を打てない原因の一つとして、小手先で打ってしまうことです。
体をしっかりと使い、パターのフェースにボールがくっつくようなイメージで打ちましょう!
はじめのうちはミスになってしまい、カップを大きく外すこともあるかもしれませんが、いきなり何でも上手く出来る訳がありませんので、練習を積み重ね努力いたしましょう!
芯を打ち抜く注意点として、体の軸はブレないようにしましょう!
軸がブレてしまうと、様々なミスの原因につながります!
ドライバーやアイアンでも同じです、しっかりとスイング軸は変わらないようにしておきましょう!

上記ボールはマスターお勧めボールです!
タイトリストPro V1、V1xをご使用の方には、ちょうど両者の中間の打感のイメージです。
また耐久性は間違いなくスネルボールの方があると思います。
ご興味のある方は一度ご使用してみてください!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする