ゴルフ スイングは縦振り、グリップとヘッドの通過を見直してみよう!前倒し ヘッドスピード

クラブは縦に使うということはお聞きになった事があると思いますが、あまり理解できないアマチュアが多いと思います。
何故その様に思うのか?それはグリップとヘッドの関係が、理解できないからです。

縦振りについて

お借りしました、こちらの動画をご覧ください

https://youtu.be/p5OpRmPZIIw
アドレスからフィニッシュまで、両肩の範囲内でのとても狭い範囲でスイングしている事がわかります。
お借りしました、こちらをどうぞ

https://youtu.be/DZImu0r4k-I
両肩の狭い範囲でクラブをスイングしているのが、こちらの方がよくわかると思います。
この範囲内でスイングするためには、クラブを横に振っていては決して収まりません。
グリップ位置を確認していただければわかりますが、トップの高い位置からインパクトの低い位置までの高低差が飛距離にもつながるのです!

グリップの通過点とヘッドの通過点

上記でのスイングではグリップの通過点と、ヘッドの通過点が大きく異なることがわかると思います。
アマチュアの特に初心者の方は、ヘッドをインから出さなければと思いすぎ、グリップが身体から離れてしまって結果クラブヘッドが遅れて戻ってくるので、当然フェースは開いているのでスライスの原因となります!
では手元が体の近くを通ればいいのか?とそれだけでもないのです。
もちろん手元が体近くを通ることが大切なのですが、いわゆるコックとヒンジの使い方が関係してくるのですね!
お借りしましたこちらをどうぞ!


縦に使うのがコック、腕を回旋するのがヒンジと言われるのですが、これはクラブを扱う上でとても重要になります。
トップからダウンスイングで、このコックをキープしたままでヒンジを行いインパクトするのです。
この時に注意点として、左肘がしっかりとフォローで地面を指しているのか?って事なのです。
%e7%b4%a0%e6%8c%af%e3%82%8a%ef%bc%92
お借りしました
テイクバックでは右肘が地面を指しますよね?
フォローでは逆に左ひじが地面を指すという理屈は、この画像をご覧になっていただければ理解できると思います。
しかし左肘がフォローで抜けたり、左肩が開きすぎてしまったりしてしまうと、引っ掛けやダフリにトップといったミスが出てしまします。
まずは腰から腰までで、肘がバックスイングでは右肘が下を向き、フォローでは左肘が下を向くという形をしっかりと覚えましょう!

縦振りを理解しよう!

お借りしました


グリップは真下に、クラブヘッドは前倒しを行い、インパクトを迎えます!
上記動画で確認して頂くと、とても分かりやすいと思います。
これでナイスショット連発してください!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする