ゴルフ アプローチを覚えよう!グリーン周りの強化!スコアアップ ランニング ピッチ&ラン

ゴルフのスコアの多くを占めるポイントがグリーン周りです。
スコアに直結する部分ですね!
この部分をしっかりと練習することで、ティーショットが悪くてもリカバリーが出来て、スコアをまとめることが可能となります。

初心者にはピッチ&ラン

まずはピッチ&ランを覚えましょう!
ボールが浮いている距離と着地してから転がる距離が大体5対5、つまりキャリー(ういている距離)とラン(ボールが転がる距離)が同じイメージです。
そのためには、バックスイングとフォロースイングを同じ振り幅にしましょう!
ボールの位置はセンター、大きなスイングではないので、体との同調を意識しておきましょう。
気をつけたいのがフォローではしっかりと右腰を回転させて、体重移動をきっちりと行うことです。
これが出来ていないと、中途半端なスイングとなりダフリやトップといったミスに直結します。
振り幅は小さくても、体をしっかりと捻転させることが重要です!
また全てのアプローチショットに共通しますが、グリップは常に同じ角度を保持しましょう!
スイング中にグリップとクラブの角度は変わることがないのが、短い距離でも正確に打つことが可能となるのです。
岩本肇プロのとても解りやすいレッスン動画をご紹介します




基本はピッチ&ランであとは応用のみ

アプローチにはその他にボールを転がして打つランニングアプローチや、逆にキャリーを大きく取るピッチショットやロブショットなど大きく分けて3つあります。
これはボールの置く位置や、振り幅、クラブ選択などで調整が可能です。
例えばランニングアプローチでは、ボールを右足内側に置いてロフトを少し立て気味にヒットします。
やや左足体重に構え、使用するクラブはピッチングや9番と言ったクラブを使用し、振り幅もバックスイングが2に対してフォローは1ぐらいの振り幅でスイングし、キャリー2、ラン8ぐらいのイメージです。
ピッチショットはボールを上げたいのでサンドウェッジを使用し、左足内側にボールを置いてクラブフェースを少し開いて構え、バックスイングが1に対してフォロースイングが2〜3ぐらいのイメージでスイングします。
少し左足内側に重心を置いて、スイングしましょう!
どちらも注意したいのが、頭の位置はボールよりも飛球線後方に位置しなければなりません!
いわゆるビハインド・ザ・ボールですね!

スイングは焦らず!

ピンまでの距離が近いので、結果を追い求めてしまって、ヘッドアップをしてしまうアマチュアが多いと思います。
この近い距離こそパター同様に打ってから、2秒ほどその場で静止いても構いません!
そのくらいの意識を持ってスイングしましょう!
最後に岩本肇プロの動画もアップしておきます。
ご参考ください!
ランニングアプローチ


ピッチショット

皆様一度お試しください!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする