ゴルフ 飛距離よりも方向性!まずはフェアウェイが基本です! スイング 飛距離 アドレス

ゴルファーなら誰もが探求するのが、飛距離ですよね!?
ドライバーで平均飛距離250ヤードは飛ばしたい!って思うのが普通です。
しかしスコアメイクを考える上では、飛距離よりも方向性が一番の肝となるのです!

飛距離よりも方向性を考える!

飛ばしたい気持ちを抑えて方向性を高める一番の方法は、力まない!ってことが一番と考えます。
ロングホールや、ギリギリの距離を狙うときなどは、どうしてもエイ!って気持ちが入ってしまい、それが思わぬミスを巻き起こしてしまいます。
そんな時の為に意識していただきたいのが、力みを無くすというよりも1番手上のクラブで打つ!ってことなのです。
例えば7番で150ヤードを常に狙っているのであれば、6番で150ヤードを狙うといったように、1番手上げる事でそれぞれの意識の中で強振しては飛びすぎる!って感覚になるのです。
それが力みのとれたスイングになり、飛距離よりも方向性が増す要因の一つになるのです!


力まなくても飛距離はあまり落ちない?

軽くスイングしても、それほど大きな飛距離ダウンにはなりません!
つまりどういうことかと申しますと、クラブのロフト角がある程度の飛距離が確保され、力まない分スイングが鞭のようにしなり、方向性と飛距離の両立が生まれるのです!
あくまでも概算なのですが、おおよそそのようになるものと思われます。
マスターも実際、思いっきりスイングするのと、リラックスしてスイングするのでは、7〜8ヤード程度しか落ちません。
また強振すれば、余計な力が入ってミスを誘発する恐れもあるので、飛距離は逆に落ちるかもしれません!
そう考えると、力まないスイングは本当に効率的であると思います。

力まないと脱力は一味違う!

何も力を入れない事が最高のショットを生むのではなく、もちろん手首のホールドや腕の形はしっかりと作っておかなければ、すべてがうまく行くとは思いません。
グリップでは力が入る部分は、親指と人差し指には力を極力入れないで、中指から小指にかけてしっかりと握るようにしましょう!
なぜ親指と人差し指に力を入れてはいけないのか?と申しますと、この2つの指に力が入ると力みがかなり強くなり、手打ちになってしまいがちになるからなのです。
間違いなく力は入りますので、余計な力を入れないようにすることが大切であると言う訳なのです!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする