ゴルフ スイングの勘違い 腰を回すとスライスになりますよ! チーピン 飛距離出ない

前回も腰の使い方をご説明させて頂きましたが、今回も腰の使い方で初心者の勘違いを挙げてみたいと思います。

ボディーターンの落とし穴

初心者のうちは手打ちを抑制するために、ボディーターンで打ちましょう!ってよく聞かれると思います。
しかし安易に体と腕を同調させてしまうと、スライスの原因に成り兼ねません。
上記のミスで少しタイミングが早ければ、引っ掛け(チーピン)になります。
クラブが遅れるとスライス、早くなるとチーピンといったように、ミスになりやすいことは言うまでもありません。
なぜこの様なことが起こるのか?これはクラブヘッドが大きく関係しているのです。
ゴルフクラブ特有の動きがあると言うことです!

ボディーターンとクラブの動きの違い

クラブをとてもゆっくりスイングしてみると良く分かるのですが、クラブヘッドがボールに真っ直ぐ当たる為にはどの様にしなければならないのか?
%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%ef%bc%91
普通に体を回しながらクラブをスイングしてみると、クラブヘッドが遅れてくるつまり、青のラインでヘッドが動いてくるのが良く分かると思います。
おそらく初心者がスライスに悩む原因もこの一つが要因と思います。
どの様にすれば赤のラインでスイングできるのか?
一言で言いますと、腕を早く動かすです!
早く動かすと言っても、現状はボディーターンが早過ぎると言うのです。
なので手を早く動かしましょう!っていう事です。
理想はクラブヘッドとボディーが同調と言えば分かりやすいでしょうか?
しかしクラブヘッドとボディーなんて、高速にスイングしている中で同調することは難しすぎます!
それが出来れば、プロになっています(笑)
なのでボディーとつながっている腕を、うまくタイミングを合わせて振ってあげる事が大切なのです!

スプリットハンドグリップでクラブヘッドの動きを考えよう!

スプリット2
お借りしました
画像の様に手と手を離してグリップしてください。
そのまま通常のスイング通りに、ゆっくりで良いので素振りしてください。
ショートアイアンのハーフスイングまでで構いません。
クラブヘッドがどの様な動きをしているのか?
またボールに対して真正面で捉える為には、どの様なスイングになるのか?
この時の注意点として、通常のスイング通りにしなければならない事です。
ビハインドザボール、スエーしないなど、基本的な事は守りましょう!
このスイングが慣れてくれば、ボールを打ってみましょう。
ハーフスイングなので、飛距離ではなく方向性をみてください。
まっすぐ飛んでいますか?まっすぐ飛んでいれば、真正面で捉えていいます!スクエアにヒットしている証拠です!
もし左右どちらかに飛んでしまっていれば、体とクラブヘッドが上手く合っていないと言う事ですね〜
はじめはゆっくりでいいと思いますので、クラブをスクエアにヒットさせる事を意識して、スプリットハンドグリップでスイングしてください!

基本はハーフスイングで!

何をするにもまずはハーフスイングで、ゆったりとしたスピードでスイングしましょう!
慌てても何も身につきません。
それよりも安定あるスイング作りをする為に、基本的なスイングをしっかりと身につけましょう!
その為にもビジネスゾーンをしっかりと練習しましょう!
これはどのクラブにも応用できるので、基本練習としては最高のドリルになると思います!
皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする