ゴルフ スイング始動の盲点、クラブを縦に上げていますか?コック シャット オープン

ゴルフスイングでは、アドレスから始動する時に、クラブを縦に上げなくてはうまくスイング軌道に乗りません。
アマチュアに多いのが、右脇が開いてしまう事を気にしすぎてインへテイクバックを引き過ぎてしまったり、逆に真っ直ぐ引くことを意識し過ぎてアウトサイドに流れて脇が開いてしまったりしてしまいます。
今回はうまくスイングプレーンに乗せるように、テイクバックできるコツをご紹介したいと思います。

クラブは縦方向に使うことでオンプレーンになる!

ゴルフクラブを野球のバットのように、振る感じではなくシャフトとヘッドを別物と考えて、スイングすることをお勧めいたします。
つまりグリップからシャフトまでを引っ張り、その勢いでヘッドを引き下ろしてくると言ったイメージと言えば分かりやすいでしょうか?
このクラブヘッドをボールに上手くヒットさせる為には、テイクバック始動時にどれだけちゃんとしたスイングプレーンを通れているのか?ここがポイントになると思います。

テイクバックは真っ直ぐ引くイメージ

強すぎては冒頭で申し上げたとおり、ミスになってしまうのでダメなのですが、ボールから約3〜40センチのイメージでクラブヘッドを真っ直ぐ飛球線後方にクラブヘッドを引いてください。
そこから左手だけでコックを作るようにしてください。
images
注意点としては、右手でコックをすると右手甲側に折れてしまって、クラブヘッドがシャット(クローズ)になってしまいます。
シャットになってしまうと、引っ掛けやチーピンの原因になるので注意しておきましょう!
スプリット2
お借りした上記画像は、スプリットハンドグリップなのですが、左手のコックのイメージが出やすいので載せてみました。
このイメージでコッキングするのです!

イメージが湧かない方は、上記商品でお手伝い!

手元を動かしすぎない!

クラブを使うためにも、手元は極力使いすぎないようにしましょう!
手元が体から離れることは、スイングプレーンに外れることを意味しますので、クラブヘッドは大きく動かすのですが、手元はあまり動かさないようにしましょう!
スイングはあまり早く動かしすぎず、ゆったりとした気持ちでも十分です。
慣れるまでは慌てないで、スイングを感じるぐらいのスイングスピードでもいいと思います!
まずはクラブを縦に使うイメージををしっかりと身につける事ををお勧めます!

基本は下半身と縦振りの連携

スイングは基本下半身始動に始まり、それにつられてクラが降りてくるのですが、右腰、右膝が前に出ないことと、左肩が開かない、右肩が前に出ない事がポイントです。
前倒し1
お借りしました
上記画像をご覧いただければお分かりでしょうか?
イメージが湧いてきませんか?
もうナイスショットは掴んだも同然です!
しかし注意点として、癖とは厄介なものです。
ある程度理解して対応しても、急にミスをしてしまったり、対応が出来なくなった?などと思うことはあります。
それに対応するためにも、動画での撮影を行いミスはどのような事が要因なのか?
これを知っておくことも大切です!
最近はスマホやタブレットなどに、スイングアプリを使って撮影されている
皆様一度お試しあれ!方も沢山らっしゃいます。ご自身の癖を知っておきましょう!

ではでは

マスターでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする