ゴルフ パッティングを鍛えよう!グリーン上の技術を磨いてスコアアップ!

誰もがパターでボールを打ってカップインさせる事、つまりパッティングがこれほど難しいものなのか?って思っていませんか?
プロの方でもプロの方でも2〜30センチのパッティングをミスしてしまう事もあります。
そこで今回は2〜30センチを確実に決めるパッティング技術を習得する!ということを目的に、基本的なことをお話しさせて頂きます!

パッティングの基本動作

パッティングとはパターを使ってボールを打つ、単純にこの事だけです。
では一体何が非常に難しいものなのか?と申しますと、パター1本で微妙な距離感とアンジュレーションを打ち、カップインさせなければならないと言う事です。
この距離感もさる事ながら、この距離感に付け加えてアンジュレーションと言われる傾斜が難しさを倍増させているのですね!
アンジュレーションのおかげで、まっすぐ打つ事が出来なかったりもするのです!
しかしながらパッティングの基本は、目標を決めてまっすぐ打つ事が大前提となります!
パターで曲げたりする事はありません。
あくまでも狙った場所にまっすぐ打ち出す事が大切になってまいります。

アドレス

基本アドレスは下半身をどっしり構えて、スイングによって体が少しでもブレる事がないようにしましょう!
これが出来ないとボールがまっすぐ打ち出せないので、注意しておきましょう!
ボールは真上から見下ろすイメージで、あまり屈み過ぎないように注意して、背筋を曲げたりしないようにしましょう!
両脇を閉めてしっかりとグリップし、両肩でスイングするイメージです。
両脇を閉めることは、体と同調させることを意識させ、手打ちにならない様にするためです!

ロングパット

ロングパットの基本は、カップは約10センチですが、1メートル程度の巨大カップを想定して、それに近づける事のみに意識を集中させます!
入れるためではなく、近づける様にすることが大切です。
基本的にはカップに届かなければカップインすることはありえないのですが、ロングパットに関しては入れることよりも近づけることが大切です!
距離感を養うためにも、カップからボールを確認することと、カップとボールを結ぶ真横からも確認していただき、どの程度の距離を打たなければならないのか?しっかりと意識しておきましょう!

ショートパット

50センチ以下のショートパットに関しては、よほどのアンジュレーションがない限り、強気に真ん中を狙って打ちましょう!
もし傾斜が不安な方は、どちらに曲がりそうなのかをしっかりと読んで、カップを外して狙わないようにしましょう!
またグリーンに上がってからある程度の情報を得るのではなく、グリーンに上がる前にある程度の情報を入手しておくことが重要です!
アンジュレーションであったり、高低差、芝目など池はなかったのか?
事前に情報収集しておくことで、グリーンで一番高いところから、低いところへと必ず流れるので、全体的なボールの動きもわかります!
もしハザードがあれば、ハザード方向へ芝目が向いていることが多々あります。
その点も注意してみてみると面白いですよ!

この練習器具もおすすめ!

練習グリーンをうまく活用しよう!

コースなどに併設されている練習グリーンにて、ボールの転がり具合やグリーンの硬さなども確認しておきましょう!
硬さは歩いてみて、足から伝わる硬さや、実際にボールを落としてみて確認して頂いても構いません。
ある程度情報がわかれば、実際にボールを打ってみましょう!
まずはまっすぐ3球同じ振り幅で打ってみます。
それで距離感やその日のグリーンの状態を確認しましょう!

カップ周りを練習しよう!

カップの四方約50センチの距離から、それぞれ打ち分けましょう!
これで上り下りに付け加え、傾斜も確認できると思います。
またまずはロングパットを練習し、徐々に間隔を短くし、後半は確実に決める2〜30センチを入念にしましょう!
もしカップが使えない時には、ティーを使って練習したい距離に想定カップを設ける代わりに、ティーを刺します。
それに向かって打ち、毎回同じようにボールが当たるようにしましょう!

スパットを見つけよう!

短い距離でも長い距離でも、ボールの約5〜10センチ先にスパッとを見つけます。
目印はなんでも構いません(あえてつけてはダメです!)。
なぜ約10センチかと申しますと、アドレスで目に入ってくる距離だからです。
目線を動かさないで、ボールをヒットさせられるからです。
これでヘッドアップなどの問題も解決できます!
この練習はご自宅でも可能ですので、ティーの代わりに紙コップなどで代用し、簡単なスパットを作り練習しましょう!
皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする