ゴルフ スイングの基本は体と同調 ボディーターンの意識を忘れないで! スイング スライス チーピン

今回は初心者にありがちな、チョロやダフリ、右や左へのボールの乱れ打ちの対策についてです。
はじめのうちはボールを飛ばす事や、クラブを使ってボールを打つことだけに特化してしまい、本来のボディーターンスイングを忘れてしまいます。

スイングの基本を知っておこう!

基本はクラブと体が同調してスイングすることです。
いわゆるボディーターンスイングです。
初心者のほとんどが、腕だけでクラブを振ろうとするので、上手くボールにインパクト出来ないことが多々あります。
これは野球やテニスのように、自分に対して動いてくるボールに反応するタイプの受動的な要素の場合は、動体視力を上げて対応すれば問題ないのですが、ゴルフはそういうわけにはまいりません。
しっかりとクラブヘッドをボールにインパクトさせないと、ボールは思い通りに飛んでくれません!
まずはクラブと体が同じ動きをするイメージでスイングします。
方法としましてクラブのグリップエンドを、お腹につけた状態でスイングします。
%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%ef%bc%92
お借りしました
こういった状態でまずは、クラブと体の同調を感じてください。
このイメージを持って、ボールを打ってみてください!
始めは左に引っ掛かることが多くなるかもしれませんが、気にせずに体の回転とクラブの動きを意識することが大切ですので、失敗を恐れずトライしましょう!

下半身を使ってスイングしてみよう!

次に両足を閉じてスイングしましょう。
%e4%b8%a1%e8%b6%b3%e3%81%a8%e3%81%97%e3%82%99
お借りしました
この様に両足を閉じた状態で、まずは素振りしましょう!
ボールは関係なく、アドレスした状態でボールを置かず素振りをしてください。
下半身があまり使えないので、コンパクトなスイングになると思います。
フルスイングしてしまうと、バランスが崩れてうまくスイングできないと思います。
過去記事にも記載していますが、フィニッシュが綺麗に取れるスイングを目指しますので、まずはきっちりと基本を習得しましょう!
過去記事はこちらからどうぞ
多少膝が動いても構いません、両膝を柔らかく使うイメージをしっかりと持ちましょう!
このドリルをすることで、無駄な下半身の動きを抑制し、オーバースイングや力任せのスイングをしないようにします。

通常スタンスでも同じイメージでスイング

通常スタンスにしても、両足閉じたスイングと同じイメージでスイングしましょう!
スイング自体は何も変わりません、思い切り振りかぶるようなオーバースイングの必要もありません
%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%ef%bc%91
お借りしました
ここまで上げる必要はありません!
オーバースイングによって引き起こされる仰け反りや、体重の配分が崩れてしまうと綺麗なスイングとはなりません。
まずはハーフスイングである腰から腰までの振り幅で練習しましょう!
いわゆるビジネスゾーンですね!
ビジネスゾーンについてはこちらから
クラブが変わっても同じスイングで、クラブが長くなればなるほど飛ばしたい気持ちが強くなり、フォームが崩れてしまいがちになるので、どの様なクラブでも同じイメージでのスイングを心掛けましょう!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする