ゴルフ フィニッシュを取れることが良いスイングのポイントです!

プロや上級者は必ずと言っていいほど、綺麗なスイングでビシッとフィニッシュを数秒間静止していますね!
プロでも稀には、フィニッシュで手を離してみたり、綺麗にフィニッシュしていないことありませんか?
そんな時は大体ではありますが、ボールはフェアウェイには落ちないで、ミスショットになっています。
まぁプロのミスショットはラフ程度なので、アマチュアには普通なことが多いと思います。

フィニッシュを決めて、ナイスショットを打とう!

しっかりとフィニッシュを取るためには、スイングのパーツを分けて考えてしまうと、あまりスムーズな動きにならず、あえて言うならばボールを打つことだけを考えてしまうと、スイングスピードが上がらず、バランスも悪くなってしまったりとそのような状態では決して綺麗なフィニッシュを取れません。
目標としては3秒程度フィニッシュで静止できれば最高です。
いきなりは難しと思いますので、まずは1秒程度の静止を目指し、綺麗なフィニッシュを取ってみましょう!
ではどの様にすればその様な美しいフィニッシュが取れるのか?

安定した土台と、捻転に負けない軸を作ろう!

フィニッシュが取れない原因は、単純にスイングバランスの欠如と考えます。
クラブが長くなればなるほど、その安定感は難しくなります。
しかしフィニッシュが取れない方のほとんどは、短いクラブでも同じだと思います。
やはりバランスをしっかりと取って、軸を意識したスイングをしましょう!
練習場では闇雲に何球も打つのではなく、ある程度の緊張感を保ってスイングのバランス、前傾姿勢、軸(背骨)を意識しましょう!
素振りでも同じことで、ただ単にクラブを振るのではなく、その時にもバランスなどを意識しながら素振りすることをお勧めいたします。
アドレスのスタートからフィニッシュまでは、一連の動きになっております。
別々の動きが、連なっているのではなく、全てが一連ですので流れを切らさないようにしましょう!

フィニッシュが決まるということは、全てがうまく出来ている!

ゴルファーはアドレスを見れば、どれほどの実力があると言われるほどです。
アドレスからテイクバックに入り、トップからダウンスイングに流れるわけですが、トップがしっかりスイングプレーンに収まり、ダウンスイングでプレーン通りのスイングが出来ていれば、フィニッシュは自然と決まると言われます。
ともかくバランスが大切なのです。
飛距離向上は無駄に筋力アップに励んだりするよりも、クラブのヘッドスピードを上げることの方が、ボールを遠くに飛ばせるのです!
その為にもしなやかな鞭のようなスイングが理想です、つまり柔軟性が飛距離アップにつながるのです!
ゴルフはクラブでボールを飛ばします。
クラブをスイングする為に必要な筋力は、マッチョな感じではなくいわゆる細マッチョです。
ダスティン・ジョンソン選手や、バッバ・ワトソン選手は、決してムキムキではありません。(ドラコン選手は別です)
きっちりとしたフィニッシュを取る為に、バランスの良いしなやかなスイングを目指しましょう!
まずは、トップからのダウンスイングを見直してみてください。
意外とダウンスイングでミスをされる方が多くいるからなのです!
アドレスの再現性を求めてみましょう!

スイングプレーンお役立ちアイテムです!

皆様1度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする