ゴルフ アドレスを確かめよう!始動が間違えては、ナイスショットは打てません! スイング 方向性

ゴルフできっちりとしたスイングをする為には、まずはしっかりとしたアドレスが必要です!
アドレスで間違えていては、思い通りのスイングが出来る事はありません。

脱力と安定を感じよう!

ゴルフクラブを振る時に、力みすぎては腕の力のみでスイングしてしまうので、注意しておかなければなりません。
またスイング中は自然に力が入ってしまうと思いますので、ましてや力みの調整などはなかなか出来ないので、アドレス時には脱力を意識する方がいいと思います。
この力みはグリップを握るときの強さを示しており、どれだけの強さでグリップを握るのかがポイントで、スイングに色々と影響を及ぼす物と言う事なのです。
また腕は脱力するのですが、上半身は猫背にならないで、下半身はどっしりと構えてを意識する事をお勧めいたします。

腕の脱力について

腕の脱力には少し注意点がございますが、まずグリップ時に親指、人差し指に余計な力を入れすぎないようにしましょう!
しかし右打ちにおいての左手はしっかりグリップしなければならないように感じます。
しっかりグリップと言いましても、先ほども申し上げたとおり親指と人差し指には力を入れすぎず、添える程度で構いません。
むしろ、中指、薬指、小指に力を入れるようにしましょう!
なぜ指の違いで力みが変わるのか?ご自身で一度お試しください!
親指と人差し指に力が入ると、グリップしている腕の上側の筋肉に力が入ると思います。
逆に中指、薬指、小指に力を入れてみると、腕の下側の筋肉に力が入ると思います。
腕の上側に力が入りすぎると、肩まで力が入ってしまいがちになり、いわゆる手打ちになりやすくなってしまいます。
逆に腕の下側の筋肉に力が入っても、手打ちになりにくいという利点があります!
クラブは左手で低く下ろしてきて、右手でシャフトを持ち上げるイメージで打ちます。
クラブを持ち上げる時に必要なことは、中指、薬指、小指でシャフトを持ち上げる動作になると思います。
そのことをしっかりと理解できれば、自然とどちらに力が入れば良いのかがわかりやすくなると思います。

下半身の安定について

次に気をつけたい事が、下半身の安定です。
やはり飛距離アップを狙うためには、安定した土台が出来なければ不安定な土台では維持できません!
安定した土台を作るために気をつけたいポイントは、先ほども申し上げましたが無駄な力みをなくす事が重要です!
腕が力み過ぎてしまうと、いわゆる手打ちになってしまって、いくら安定した土台であっても、フォローで立っていることは出来ないでしょう!
無駄な力みを抑える事が、安定した土台作りの第一歩です!

ポーラクリーマー選手です
安定したアドレスですね!
この安定したアドレスのポイントは、ややお尻を出していることです。
飛球線後方から確認すると、かかと辺りから真っ直ぐ上に中心線を引けるほどです。
初心者の方の多くは少し前かがみ、前傾になりすぎる方や、お尻が出すぎて後傾になる方が多いのです。
背筋を伸ばして(伸ばしすぎもダメです)、少し胸を張るくらいにして、ボールを見下ろす程度に構えて下さい。
ボールとの距離感や、クラブをセットする高さに関しては、膝を使って合わせましょう!
決して前屈みにならないように注意しましょう!
前かがみにならないためのポイントとして、ボールをアゴを引かないで下目遣いで見ることです。
どうしてもアゴを引いいてしまうと、頭が下がって背中が丸くなり、つま先に重心がかかってしまいます。
重心は土踏まずあたりがベストです!少し気にしてみてください!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする