ゴルフクラブ 番手間の微妙な飛距離の合わせ方はどう対応しているのか?7番アイアンでどれくらい飛ぶ?

アプローチでの残り距離が120ヤードで、ご自身のクラブ飛距離がPW130ヤード、
AW110ヤードの所にボールがある場合どう対処されていますか?

PWで軽く振りますか?AWで思いきり打ちますか?

両者共に失敗につながりそうですよね?
前者の場合は、インパクトで合わせてしまったり、緩んでしまいミスヒットになります
後者の場合は、そのまま力んでしまい、ミスが誘発します

こういった番手間の飛距離に対しての対策としまして、上記の方法ではミスが多くなるので、簡単な方法を提案します

「グリップを短く持つ」です

それも、2〜3センチ程度ではなく少なくとも5センチ〜10センチ程持ってください
練習場でどの程度の飛距離ダウンになるか?確認しておけば番手間の飛距離を合わせれる事でしょう!!

アプローチでも、短くもって同じスイング幅でも距離が変わりますので、有効的に使えると思います

初心者の方々にも、簡単な方法ですので使えると思います

しかしながら、これらは基本的にはどの番手でどの程度飛ぶのかを理解しておかなければならない事があります。
マスターは7番アイアンで約165ヤードです(使用クラブMP-60)
8番、9番PWと下に下がるにつれて、10ヤード刻みで計算しております。
逆に、上にも10ヤード刻みで飛距離がアップすると思っています。

この様に、ある程度のご自身のクラブの番手飛距離も理解しておきましょう!
簡単にヘッドスピードと飛距離の表についてはこちらから
番手別飛距離はこちら
ザックリとした物です。

ヘッドスピードとは、ドライバーでの基本ヘッドスピードの事です。
クラブが短くなるにつれて、ヘッドスピードは落ちてきますので、ドライバーが1番早いという事になります。

皆様、一度お試しあれ〜

ではでは〜

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする