ゴルフ ショット精度を高めよう!アイアンでグリーンを狙いうち! アプローチ ショット

グリーンを狙ってしっかりとスコアメイクさせたいですね!
アイアンの精度を上げて、思い通りのショットで果敢に攻めてみましょう!

曲げて狙ってみる

ドローでもフェードでも状況に応じて使い分けて頂けばいいのですが、ボールを止めるためにも基本的にはフェードがオススメです。
簡単にご説明すると、まずは狙う目標を定めて、クラブフェースを目標に合わせます。
ボールの位置を真ん中に合わせてから、スタンスをややオープンに構えます。
スタンスなりにスイングするだけで、フェードボールを打てると思います。
練習場にあるグリーンを目標に、ご自身で試してください。
一番距離の短いグリーンで構いません。
大きなスイングではなくハーフショットでいいと思いますので、まずはボールがフェード回転しているか確認してください。


お借りしました、参考にしてください!

フルショットスイングはしない!

あくまでも精度を高めるためのショットですので、フルショットではなくスリークウォーターまでの範囲でスイングしたいものです。
アイアンの番手次第では距離的に難しくなるとは思いますが、それでも思い切りスイングしなければならない事は避けたいものです。
初心者では難しいと感じるかもしれませんが、まずは50ヤードから100ヤード程度の距離から練習してみてください。
面白いように曲げる事が出来てきたら、どんどんショットに対しての不安がなくなるでしょう。
この精度を上げるだけで、スコアは大幅に変わってくると思います。
スイングを小さくする事でスイングの安定を求め、まずはそのしっかりとした土台を作る事が大切です。
あくまでもゴルフはボールをカップに入れなければ終わりません。
どれだけ飛距離が出ても、ボールをカップに入れてなんぼなのです!

番手が上がれば転がりは強くなる

ショートアイアンよりもミドルアイアンの方が、転がりは強くなります。
当たり前なのですが、ショートアイアンよりもウェッジの方がよく止まります。
これをしっかりと頭に思い描き、ボールをどの様に打っているのか、イメージを強く持ちましょう!
出玉が低く出ているのか?または少し高く出ているのかなど、打ってみて同じイメージで打てているのかも確認してみてください!
常に練習では本番の事を思い、本番では練習場でのイメージを思いましょう。
練習場ではスイング幅に関わらず、スイングスピードは同じにして欲しいのです。
いわゆる振り幅とリズムが同じで、クラブの番手で距離を決めるのです。
8番でハーフショットなら100ヤード程度かな?など、9番だとハーフショットで90ヤードかな?このような感じですね〜

何度も反復練習を重ねよう!

数回うまく出来たからといって、おろそかにすることは避けましょう!
あくまでも本番とは違う練習場ですので、条件がほぼ同じです。
しかし本番は、アンジュレーション(傾斜)や自然に関わることが大きく変わってきます。
どのような状況であっても、落ち着いて対応できるように、練習でしっかりと経験を積んでおきましょう!
ただ本番では狙いにくいところらのショットは無理に狙わない勇気も必要です。
狙いやすいところから打つことで、自身にもつながりますので、まずはしっかりと本番で練習場のように打てることをお勧めいたします。
最後に注意点として、練習場でボールの行方を追うあまり、ヘッドアップになる初心者の方も多いと思われます。
そこで打ってから1、2と数えてからでもボールはまだ飛んでいますので、慌てずにボールの行方を確認しましょう!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする