ゴルフ 左手はコントロール、スイングチェックしてみよう!

ゴルフでボールをまっすぐ正確に遠くへ飛ばすことは、スイングでしっかりと両手の意味を理解しておく事がとても大切です。
今回は右手、左手に分けてご説明したいと思います。

左手はボールの方向性を担います

左手はボールの打ち出したい方向や、コントロールの部分において、とても重要になってきます。
岩百合スイングプレーンに乗っていかないと、クラブヘッドが思わぬ方向を向いてしまって、ミスショットとなり兼ねません。
まずはしっかりとアドレスから失敗しない基本を理解しましょう!
アドレスでは肩幅より少し広く立ち、骨盤からやや前傾姿勢になります。
この時背中が丸く猫背になっていてはダメです。
アドレス1
お借りしました
上記画像の様に、しっかりと背筋を伸ばして骨盤からしっかりと立つイメージを持ちましょう!
コツとしては、少しみぞおちから胸にかけて前に張るイメージで、顎は引いておいてください。
腕はそのままだらんと脱力して、クラブを持ってください。この時両腕が少し胸に乗るようなイメージになると思います。
古いネタですが、パイレーツの「だっちゅ〜の」というネタをご存知でしょうか?
だっちゅーの
お借りしました
上記のように少し胸を両腕で挟むイメージです!(あくまでも軽くです)
そして最後にボールを、少し見下ろすように軽く下目で見るくらいの距離感を持ってください。

アドレスが決まれば、クラブを縦に使ってテイクバック

アドレスがきっちり出来れば、次はテイクバックです。
テイクバックでは、スエーとクラブの軌道に注意してゆっくり上げていきましょう。
クラブヘッドが真後ろまたは、少し外側を通るイメージでテイクバックします。
解りにくい方は、ボールから約50センチほど真っ直ぐにテイクバックし、手元が体から離れないように、グリップエンドは体側を向いている様にしておいてください。
まだしっかりとスイングできない方は、ハーフスイングで練習されることをお勧めいたします。
いきなりフルショットでは、スイングもあまり理解出来ていないと、間違ったままの軌道になってしまします。
そこで腰から腰までのハーフショットで練習します。
過去記事にも載せています、ハーフスイングいわゆるビジネスゾーンでしっかりと練習してみましょう!
このビジネスゾーンの練習は、地味で本当に結果がわかりにくい練習ですが、この小さな練習を出来ないと、大きな練習もできないことになります。
野球でホームランはヒットの延長というぐらいですから、ゴルフも同じようにハーフスイングの延長がフルショットですので、地味ではありますが、しっかりと意味のある練習を理解しておきましょう!

テイクバックはあげすぎに注意!

さてテイクバックは、思いの外オーバースイングされている方が多いように感じます。
その原因としてご自身が上げているところよりも、無意識に少し回り過ぎているということです。
これは初心者にはよくありがちですが、テイクバックからトップスイングになる際に、しっかりねじっておかないと!って思い過ぎ、ご自身が意識して霧化している場合でも、結果としてさらに奥まで回っているのです。
これの防止策としては、ハーフスイングよりも少し行くぐらい、肩までの振り幅で十分なのです!
肩の高さまでテイクバック出来れば、ほぼ飛距離の差はないと思われます。
むしろ飛距離よりも方向性を重視されるのであれば、是非とも肩ぐらいのテイクバックで構わなと思います。

ダウンスイングでは、左手の落とし方で方向が決まる!

トップスイングから真っ直ぐ真下に落とすイメージでスイングします。
左手をボールに被せるイメージでスイングするなどの表現もありますが、それではヘッドが遅れてインパクトすることが多くなり、ミスの繋がりやすいのでお勧めできません。
特にクラブが長くなればなる程手元の動きは速くなるので、ドライバーなどはダウンスイングに入ったらすぐに腕の入れ替えが発生します、それが少しでも遅れるとフェースが開いてインパクトするので十分注意してください!
ダウンスイングでは手元が浮かない様に、どれだけ低く低く左手を下げれるかが重要です。
左手が下がることで、クラブヘッドは持ち上がります。
スプリット2
お借りしました
画像の様に、右手を支点に左手を下げてみると良くわかると思います。
この様に左手を体から離さないで、真っ直ぐに下ろすことが出来ればスイングプレーンに乗ったスイングで、インパクトでフェースがしっかりとボールを捕まえてくれるのです!

左腕は決して曲げてはいけない!

先ほども申し上げましたが、支点に左手を下げることが大切です。
左手を真っ直ぐ下ろして、真っ直ぐ腕を伸ばして下げたまま、右手でクラブを持ち上げる動きを行います。
クラブヘッドでボールを包み込むように捕まえるイメージです。
左腕はつっぱったままになるので、フォローでは腕を持ち上げることなく下に落としたままで構いません。
ではフォローは?っと申しますと、右手でクラブを起こしながら、そのまま左腕も持ち上げて肘から折れてフィニッシュの完成です!
左手でインパクト後に持ち上げる様な事をしないでください!
フォローで持ち上げてしまうと、左肩が上がってしまったり、状態が伸び上がってしまうので、左手は常に下に落としておいてください!
イメージは右手で左腕を持ち上げるイメージで構いません!
また打ちたい気持ちや、フォローを長く取りたいなどの思いが出てしまうと、注意して頂きたいのが左へのスエーです。
必ずビハインドザボールの意識を忘れないでいてください!
頭が突っ込んでしまうと、テンプラ(ボールが真上に上がってしまう)などのミスに繋がりますので、注意しておいてださい。
テンプラのミスが出た時には、体がボールに突っ込んでしまっていると思って頂いて構いません。

左手のおさらい

・アドレスでは背筋を伸ばし、下目でボールを見るイメージ
・テイクバックでは、グリップエンドが飛球線を向いてしまわない様に、必ず体側を向いているイメージ構いません。
(ただし、完全に向いているのではなく、あくまでも体側に向いているで結構です)
・ダウンスイングでは、トップから真っ直ぐに下ろしてくるイメージです。
・左手を下げて(地面を突っぱねる様なイメージ)右手でクラブヘッドを持ち上げましょう!
・インパクトではボールを右手で包み込む様に、クラブヘッドをボールにコンタクトさせましょう!
・ダウンスイング以降は、決して頭が突っ込まない様にしましょう!
・フォローは左手を上げないで、右手でクラブをあげるからフォローとなる!
左手のイメージでましたか?

次回は右手のご紹介したいと思います。
皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする