ゴルフ ダウンスイングでは縦に振ってどれだけ手元が低く持ってこれるか!? スイング スライス原因

人それぞれ話す内容は違います、人それぞれ受け取り方も違います。
その中でご自身の一番合う、メリットある内容を見つけてみてください!
今回はアマチュアに多い、スイングでの手元の浮きについてです。

ダウンスイングでグリップをどれだけ低く持ってこれるか!

アマチュアの多くは、腕を体で引いてきてしまい、スイングプレーンに乗せられずに、ダフリやトップと言ったミスを誘発してしまいます。
今回ご紹介する方法は、そのミスを誘発させないための動きのご紹介です。
ミスの原因にも触れていきますので、思い当たる節がございましたら、是非トライしてみてください!

バックスイングでの注意点

手元を低く持ってくるためには、まずバックスイングをしっかり決めておかなければなりません!
バックスイングは右腰への体重移動ですが、この時注意点としてスエーですね。

お借りしました
スエーは軸のズレが生じてしまうので、特に下半身右膝を決してずらす事はしてはいけません。
頭は多少右にズレる事はありますが、下半身のズレは我慢しておきましょう!

トップスイングでは手首に注意!


お借りしました
プロのトップは全ての手首がフラットです。
この中で手首を甲側に折れてしまう事だけはならないようにしましょう!
アマチュアの多くはスライスに悩まされる原因はここにもあるのですね〜
スクエアがベストです!
スクエアに保つコツとして、腕を後ろに長く引き上げる様に意識してみましょう!

ダウンスイングでは、対角線の斜め下に向かって!

トップスイングからグリップを対角線である、左斜め下へつまり左股関節に向かって、コックを入れたまま下ろします。
その下ろしてくるときに、右足で地面を蹴って左への体重移動を進めます!
この動作がインパクトでのダフリを防ぎます。
そしてグリップが左股関節からさらに飛球線方向に抜けてくると、右足の蹴り込みと捻転により腕のローテーションを生み、インパクトからフォローとなります!
腕のローテーションは、右足の蹴り込みながらの捻転で勝手になりますので、腕の意識が強くローテーションをしてしまうと、左肩が開きすぎてしまいますよ!

フォローでは腕をあげるのではなく、クラブヘッドをあげる!

PGOG-118589
お借りしました
フォローでは、腕を上げようとしてしまうと、無意識に左肩が上がったり、左肩が開きすぎてしまったりと、いろいろと悪さをしてしまいます!
その為にも左手の動きとしては左股関節を超えた時点で終了です。
そこからローテーションが生まれ、グリップは肩へと担ぎ上げられるだけです!

友人の岩本プロがクラブの使い方の中で説明してくれています。(5:30あたりから)
とても分かりやすく説明してくれています!
この動きをすることで、クラブを使ってしっかりと打つという部分が理解できるのではないでしょうか?

ダウンスイングでの下半身の動きについて

一般的には下半身始動でスイングをする事が、スイングの基本的な流れといいますか主導と思われますよね?
それは決して間違いではありません。
ただしアマチュアは勘違いをしやすいものです。

お借りしました
この画像をご覧ください、綺麗なスイングですね!
間違いなく下半身始動でスイングされているのがわかります。
腕が遅れておりて来ていますからね!

お借りしました
こちらも同じく綺麗なスイングですね!
どちらも女子プロですが、ちょうどダウンスイングの部分でグリップが腰の高さに来ている画像を比べてください!
右足は捻転し蹴り込もうとしており、左足はしっかりと軸の受け止めを行っている部分をご覧ください!
この動きが大切なのです!

左の壁を作ろう!

腰はどちらも開きすぎていないことがよくわかります。
また肩もとても我慢しながら、スイングをしていることがわかります。
肩が開かないのは、腰が開かずにしっかりと壁ができている証拠です!
腰を開かせない為には、ダウンスイングで左腰または左股関節に体重移動させているからです!
腕を振ろうとすると、手元が浮いてダフリそうになり、それを嫌がり左肩を上げてインパクトしてトップしてしまいます。
あくまでも手元は低く落としてくる、縦に落とすことが大前提です。

強引に壁を作ろう!

左の壁については、ご自身で強引に作ってみましょう!
まずダウンスイングで左股関節に向かって振り落しますが、この時に右足で左へ少し体重移動するのです。
右足を蹴り上げて左へ体重移動を行うのですが、まだ捻転はさせないです。

お借りしました
森プロが下半身の使い方を分かりやすく説明してくれています!
捻転してしまうとクラブは振り遅れてしまって、インパクトではフェースが開いてしまうでしょう!
先ほども申しましたが、グリップが左腰を越えれば右足を捻転させるので、クラブは自然とローテーションが起こります!
この流れでスイングするのですね!
このタイミングはご自身で見つけてください!
決していきなりフルショットのフルスイングでするのではなく、フルショットですがスイングスピードを緩やかにして頂いて構いません。
スイングスピードをあげるのではなく、フォームをしっかりと理解しましょう!
腕のローテーションは、右足を捻る事で自然にしてくれます!
あくまでもタイミングを見つけてみましょう!

一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする