ゴルフ ボールを捕える!下半身と上半身のタイミングを見つけよう!チーピン スライス

ボールをきっちりと捉える為には、ボールに対してクラブヘッドがスクエアにインパクトすることが必要です!
上半身と下半身のタイミングはとても重要で、細かく言いますと腕と胸の関係と、腰と足の関係に分離されます。

スイングは縦に振ろう!

テイクバックでしっかりと右腰に体重を乗せ、トップスイングを迎えます。
そこからスイングは縦振りです!
縦振りについては、こちらからもどうぞ!
この縦に振る時にとても重要なポイントとして、コックのままグリップを左股関節まで振り下ろしてきます。
その時に下半身はまだ何も動かさず、左股関節に来た直前で左へスライドするのです。
ここでは腕は振り落しグリップはまた関節付近、そこから左へ腰をスライドして、胸はまだ右斜め下を向いておきます。
そしてグリップが左股関節を超えたら腕のローテーションを行いながら腰を捻転させます!
胸はまだ右を向いてるイメージで、そのままフォロースイングになります。
あくまでもゆっくりとハーフスイングから始めてみてください!
スピードよりもタイミング重視です!

スイングの概念が変わります!

人それぞれの申し方、受け取り方があるので本当に様々な見解があるのですが、どれかしらが響けばいいのかな?って思います。
先ほどの注意点を申しますと
1) 姿勢良いアドレスからテイクバック右腰に体重を乗る
2) トップオブスイングから下半身はそのままで、左股関節に向かってグリップから落とす
3) 降りてきたら左へ腰をスライドしながら、胸は右斜め下を向いておきます
4) 左股関節を超えたら腕のローテーションを行い腰を入れ替えます
5) この時も胸はまだ右下を向くイメージ(左肩が開かず、右肩が前に出ない為)
6) インパクト後そのままフォロー、この時も極力肩は開かず残す気持ちで振りましょう!

スライスしてしまいそうでスライスしないスイング!

一見練習で素振りしてみると、とてもスライスしそうな感じがあると思います。
ですがしっかりと玉を捕まえた、とっても力強いボールが飛び出しますよ!
これは試してみる価値があると思います!
もしここでスライスや、チーピンや引っ掛けなどが出たら、それは胸が我慢できず回っている、つまり両肩が辛抱できていないのですね〜
いかに肩が回らず、インパクトを迎えられるのか?
もちろんグリップが降りてくる前に腰をスライドさせてもボールは暴れると思います。
そのタイミングは練習で何度も試してください。
ボールが捕まった感覚は、とてもわかりやすいと思います。
多少失敗しても、捕まえるということを理解して、あとはスイングのタイミングだけです!
これをものにすれば、飛距離アップも間違いありません!
自信を持ってご紹介いたします
すべてのスイングにも当てはめれると思います!
フェード打ちドロー打ちなども簡単に使えると思います。
基本動作はビジネスゾーンで練習してみましょう!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする