ゴルフ スイングが変わる!スライスの原因、手元が浮かないようにしよう!プッシュスライス スイング作り

スライスには様々な原因があると思いますが、今回は手元が浮くことで起こる原因と対策をお伝えしたいと思います。

手元が浮くのは、気持ちが入るから?

手元が浮いてしまうと、クラブヘッドのトゥ側がヒール側よりも下になりやすく、インパクトではフェースが開いてしまうことが起こります。

お借りしました
手元が浮かずに、この2本の線の中を通るように心がけましょう!
そこで手元が浮かない対策として、左手の意識を使い方をご紹介いたします。

左手のコックを意識しよう!

まずは左手1本でスイングを行いましょう!

お借りしました
ハーフスイングで構いません。
左手1本では、クラブを振りにくい方は、少し短めに持ってスイングしましょう!
この時にバックスイングで入ったコックは、インパクト以降も解くことなくスイングします。
ボールを打ちたい気持ちが強くなると、インパクトで無意識にコックを解いてしまいダフリの原因になります。
それを嫌がり左肩が上がってフェースが開いてスライスしてしまう事もあります。
そこで左手一本スイングでは、マットに打ち付けるようにスイングしましょう。
マットにクラブヘッドが当たり、その反動でクラブが勝手に起き上がるイメージです。
それを普段通りのスイングを左手一本スイングに置き換えてやってみると、ボールを打つというスイングを意識してしまい、コックが解けてしまい、左肩が開いて左腕も飛球線方向へ惰性でオーバーしてしまいます。
それでは今回の趣旨とは外れてしまいますので、あくまでも手元が浮かない為のドリルです。

左手はフォローで低く出す

マットに打ち付けるようにスイングすると、クラブヘッドは起き上がり、手元は左腰あたりで止まっていると思います。
テイクバックで出来たコックをこのフォローでも維持しましょう!
うまくイメージが出ない方には、左手甲をボールに被せるようにスイングしてみてください。
またマットに打ち付けるようにスイングするのですが、あくまでもテイクバックで出来たコックは解かないようにします。
先ほども申しましたが、打ちたい気持ちが強いと、左コックが解けてしまうので、しっかりと意識しておきましょう!
ボールは打つ必要は全くありません。
まずはボールの意識をなくして、スイングの形を作りましょう!

左サイドを意識する

スライスの原因の一つでもある、左サイドの使い方です。
特に意識したいのが、左肩、左腰ですね!
先ほどの左手1本スイングに、少しポイントを抑えるだけで効果があります。
そのポイントは、右手で左肩を抑えながらスイングするです。
手元が浮くと左肩が上がって、左腰が逃げてしまうことになります。
まずは左肩を上げない為に、左手を浮かせないようにすることが大切となり、それが相まって左肩が上がらず、左腰にしっかりと体重が乗り、引けることがなくなります。
左腰2
お借りしました
これもスライスの原因ですね〜
左腰が引けて、スイング軌道がアウトサイドインになってしまいますね〜

基本はハーフスイング

練習の基本スイングは、すべてハーフスイングから始めてください!
腰から腰までの振り幅です!
これを「ビジネスゾーン」と呼ばれるそうです。
ビジネスゾーンはこちらからどうぞ!
あくまでもビジネスゾーンで基本を知り、徐々に徐々に振り幅を 大きくしていきましょう!
クラブもショートアイアンやウェッジから始めてください。
また短いクラブほどコースでは使用頻度が増えると思いますので、それも踏まえ練習頻度は間違いなく多くなると思います。
地味な練習が、大きな花を咲かせてくれると思います。

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする