ゴルフ ナイスショットを打とう!スイング中はアドレスの前傾姿勢キープ!

ナイスショットには、アドレスでの前傾姿勢をインパクトまでキープすることが、大切と言われております。
それは再現性を高めるためにも、とても重要な一部分となります。

アドレスをきっちり理解しよう!


お借りしました
腰から頭までのラインが真っ直ぐになっているのが良く分かると思います。
猫背であったり、頭だけが前に出ているような事が無い様に気をつけておきましょう!

お借りしました
岩本肇プロがわかりやすくご説明してくれています。
この前傾姿勢をしっかりと覚えておきましょう!
前傾が深すぎても、浅すぎても駄目です、ちょうど良いところを見つけましょう!

スイングのバランスを考えよう!

クラブを気持ち良くスイングするためには、バランスがとても大切になります。
バランスが取れると、クラブを振り切ることが出来ます。
振り切ることができれば、スイングスピードが上がり、飛距離アップにもつながります。
また振り切った状態でもバランスが取れていれば、ボールの曲がりも少なくなり、とても良い事だらけですね!
このバランス感覚は、とても重宝するのですが、なかなか感覚としては掴みづらい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

クラブヘッドは一番遠くを通る

そこで注意点としてあげたいのが、クラブを振る時のイメージです。
腕を振るイメージでは、クラブヘッドが遅れてしまって、なかなかバランス良くスイングできません。
この腕を振るって事は、腕を引くという動作にも当てはまるかもしれません。
言葉の捉え方の違いだけなのですが、クラブを振る事はクラブヘッドを走らせる事だと思います。
ですから腕を振るとクラブヘッドは間違いなく遅れてきますよね?(軸に近いほど早く回るから)
腕は降っているのではない事を理解しておいてください。

クラブヘッドを効率よく使おう!

やはりクラブを効率よく使うためには、クラブヘッドの重さを感じておく必要あります。
クラブヘッドの重さを感じる為には、まず強くグリップしてしまっては全くと言って良いほどわかりません。
またグリップを強く握ると、クラブヘッドも走らせにくくなるので、ヘッドスピードも上がらずクラブを振れていない状態となります。
次に右手と左手の間隔を離してグリップし、左手を下げてスイングしてみてください。
左手を下げるとクラブヘッドの重さは感じれませんか?
その重さをキープしたまま、スイングするのです。
腕だけでスイングしてしまうと、再現性も崩れまともにスイングも出来ないので、注意しておきましょう!

こちらをご覧ください、お借りしました

スイングに力は要らない!

ゴルフスイングに筋力は必要ありません、むしろ邪魔になるかもしれません。
必要なのは柔軟性とバランスなのです。
力みはバランスを崩し、無駄に力が加わり怪我の元になります。
脱力でクラブの重さを感じ、下半身の体重移動により、クラブの重さで腕を振り落とすイメージです。
ただただ単純にクラブを落としているだけなのです。
体を捻転しているので、クラブを振っている様に思いますが、本来は腕で持ったクラブを落としているだけなのです。

バランスを保って、ナイスショット!

無駄に力を入れれば、前傾姿勢やスイングバランスが崩れてしまう事は皆様もお分かりになられたと思います。
いかに力まないで、スイングできるのか?
思いっきりスイングしてるつもりが、力まずきっちりとしたスイングができれば、おそらく飛距離は変わりません。
効率の良いスイングを目指し、ご自身のスイングバランスを整えてください!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする