ゴルフ ドライバーのスライス原因対策、無くそうスライス!

ドライバ−でのスライスは、沢山のアマチュアが悩んでいるところだと思います。
今回はスライスが出やすい人の為に、スライスの基本的な要因をご説明致しまして、対策を立ててみたいと思います。

スライスになる原因について

間違いなく言える事の要因としては、ボールに対してクラブヘッドがオープンの状態でインパクトしている事です。
このクラブヘッドがオープンになる原因は後ほど申しますが、様々な原因があると思います。
スイング軌道も同じく原因の一つに挙げられる事がありますが、一番の原因はクラブヘッドなのですね!
ではいかにクラブヘッドがスクエアにボールとのインパクトを迎えれるのか?ここが一番のポイントですね!

スライスは3つのスライスがある

大きく分ければ3つのスライスがあると思います。
目標に対して、左に飛び出し右に曲がるスライス。 「プルスライス
まっすぐ飛んで右に曲がるスライス。 「ストレートスライス
右に出てさらに右に曲がるスライス。 「プッシュスライス
以上の3種類が主なスライスと思います。
これら3種類のスライスはなぜ生まれるのかと申しますと、すべてスイング軌道とインパクトでのフェースが関係しています。
左に飛び出して曲がるスライスは、インサイドアウトでクラブフェースが開いてインパクトすると出てしまいます。
一見フェードかな?って思いますが、フェードはしっかりとボールを捕えるので、目標より大きく右に曲がる事はございません。
まっすぐ飛んで右に曲がるのは、インサイドインでフェースが開いていることが原因です。
このスイングはきっちり出来ているので、クラブフェースをしっかりとコントロール出来れば、スライスは無くなるでしょう!
最後に右に出てのスライスはインサイドアウト軌道で、フェースが開いてインパクトしている結果ですね!

3つのスライスを攻略してみよう!

プルスライスについて

これはクラブが遅れてインパクトを迎えるまたは、体の開きが早くアウトサイドインになってインパクトを迎えている事で、この対策として覚えておきたいのがアドレスです。
アドレスで右サイドが出ないようにしましょう!
右サイドが前に出てしまうと、肩のラインが左を向いてしまいます。
アドレスでしっかりと修正しておきましょう!
またクラブフェースが開いてしまっている事については、グリップを見直してみてはいかがでしょう?
もちろん振り遅れの原因もあるので、オーバースイングも疑っておきましょう。
この2つの対策として、クローズスタンスにしてスイングしましょう。
ボールのつかまりを良くする事と、グリップを見直す事でプルスライスをしっかりと対策しましょう!
グリップについてはこちら過去記事からどうぞ!

ストレートスライスについて

こちらはスイング自体に主な欠点はなく、インパクトのクラブフェースが原因ですので、グリップを見直せば自ずと解決できると思います。
おそらく無意識に甲側に手首が折れていることが原因と思われます!
これはバックスイングでは気にしていても、トップ付近に来た時に左手首が折れているのかもしれません。
img_7b28f67c0f2c9c3d6bfa045d088ad39251438
お借りしました
右側のようにシャフトクロスになる原因ですね!
これではクラブフェースが真っ直ぐインパクトを迎えるのは難しいと思います。
こちらご覧ください!グリップ練習
上記アイテムで矯正してみるのも、一つの手段です。

プッシュスライス

こちらの原因は、ダウンスイングでボールを飛ばそうと考えて、左腰に体重が乗らずに体が耐えきれず、左肩が上がってインパクトを迎えてしまってプッシュスライスの原因となる事がとても多いです。
また右肩が下がってダフる事を意識しすぎて、ダウンスイングでいきなり左肩を上げる方もいらっしゃいますが、ダフリは右肩が原因ではなく、右肘と右手首が緩んで伸びてしまう事に大きな要因があると考えます。
基本ダウンスイングでは、右肩が下がり左肩が上がりますので、この現象の方はあまり意識を強くされない方が良いですね〜!
プッシュスライスの対策としては、左手甲をボールに被せるようにインパクトしましょう!
左肩の押さえを強くしたいのですが、あまり意識が強いとまた別のミスにつながるかもしれないので、練習でそのタイミングはしっかりと作ってみてください!
人それぞれタイミングが違うので、プッシュスライスの原因を知ることでその場の対策を講じれることが重要と思います。
タイミングは練習で必ずつかんでおいてください!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする