ゴルフ 打ちっぱなし練習では常に課題を持って行おう!スイング ミス対策 本番用 ミスの原因

練習場では何かしらコンセプトといいますか、ご自身の課題やミスの原因をを見つめながら練習されることをお勧めいたします。

課題を見つけ、その課題をクリアーしよう!

初心者によくありがちなのですが、例えば1時間打ち放題で何発も打って、それで打ち疲れて達成感満載ってな事ありませんか?
それは決して無駄ではございませんが、効率の良い練習とは思えません。
もちろんその様な練習も時には必要な時もございます。
しかし今回ご提案したいのが、何かしらの課題を持って練習に臨むのです。
もちろん何かしらとは弱点の克服であったり、得意なところを伸ばしてみたりと練習のやり方は様々です。
練習で闇雲にスイングしているだけでは、本当に単なる体力作りになってしまいますのでお気をつけください。

ラウンド前よりラウンド後が効果的!

ラウンド前に練習場に来られることが多いと思いますが、本当の意味ではラウンド後に練習場へ来られて、当日のミスについて復習をされる事が弱点克服には近道となります。
アプローチのミスや、パッティングのミス、ドライバーのミス、様々なミスがあると思います。
色々とあるミスの中で、ご自身がショックだったミスをスコアカードに記載し、帰ってからの練習に使えるようにしておくことも大切です。
人はラウンド全てのミスを覚えることなど不可能に近いです。
ですから角に記載して、後で思い出しながら練習を行うのです。

動画でチェックできれば最高!

ティーショットの場面であれば、友人であれば簡単にお願いできると思いますので、ご自身のティーショットを動画で撮ってもらうのも一つの手です。
前方からまたは、飛球線後方からがオススメです。
もしレッスンなどに通われている方は、レッスンプロに拝見してもらえるので、それもアドバイスをもらえる1つです!

おさらいは概ねグリーン周り

何かの都合で上記の事が出来ない方には、グリーン周りの事を重点的におさらいしてみてはいかがでしょう!?
グリーン周りは初心者には、近くて遠い場所と思います。
ダフリやトップと言ったミスが、顕著に出てしまいます。
そこでラウンドしてきたミスを、思い出しながらなぜダフったのか?トップしたのか?思い返しながらゆっくりと落ち着いて練習してみましょう!
練習場ではうまくいくのになぁ〜って思われる方は、リズムを見直してみてはいかがでしょう?
いつも練習場のリズムを身体で覚え、コースでも同じようにトライしてみるのです!
このスイングリズムを整えるだけでも、かなりの精度が上がると思います。
失敗の原因は、打ち急ぎやヘッドアップなどの原因が多々あると思いますので、リズムを一定にすることで、体の動かし方などを調整出来ると言うものです。
実際言葉では簡単ですが、腰から腰までのビジネスゾーンをしっかり行えば、自身にもつながり本番でのミスの軽減になると思います。

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする