ゴルフ スイングリズムを見つけよう!スイングのきっかけを作ろう!

ゴルフにおいて、人それぞれスイングリズムというものがあります。
これは言われて出来るものではなく、ご自身が練習の中で見つけるものだと思います。

タイミングを見つけて、リズムを作ろう!

スイングの始動や、切り返しなどのご自身でしか解らないところを少しクローズアップして、どのようなきっかけづくりが必要なのか?そこを考えてみてはいかがでしょう!?
スイングのきっかけというかタイミングの部分で、「歩くように振る」ってお聞きになられた事ないでしょうか?
歩くように振る?はじめは何の事なのか、マスターもさっぱりでした??
簡単に申しますと、トップで左踵を少し上げて、切り返しと同時に踏み込み替わりに、右足踵が上がって左へ体重移動をするというものです。
タイミング作りに歩くというか、地面を踏み込むという表現が正しいのか?難しいところですが、ニュアンスはご理解できるのではないでしょうか?

スイングリズムには連続素振り

お借りしました
はじめは軽く、徐々に大きくスイングするのです。
これは練習場で打ち始める前のストレッチや、スイングリズム感を作るだけでなく、練習の締めとしてクールダウン代わりにも使えますので行ってみてください!
準備体操代わり、終末体操代わりになるということですね!
ゴルフは柔軟性と可動域が重要といわれています。

お借りしました
石川遼プロです
肩甲骨めちゃくちゃ柔らかいですね〜
肩つまり肩甲骨の周りは柔らかいと、しっかりと捻転できるのでとても重要なことですね!

ストレッチ&体幹練習で基礎を作ろう!

肩のストレッチには


一般的なものですが、左右行いましょう。
股関節のストレッチには

ゴルフだけではないのですが、スポーツ全般における柔軟性は非常に有効です。
練習前と練習後、ラウンド前とラウンド後に行うことをお勧めいたします。
さらに普段でもお風呂などで、軽くストレッチがてらに30秒×3回を3セットぐらい出来たら良いですね!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする