ゴルフ コースへは最低でも1時間前には着いておこう!事前準備 体ケア

ゴルフコースへは1時間以上前に到着する様に心がけましょう!
なぜ?単純に練習をするためです。

ラウンド前の練習で、ベストな状態にする

マスターは約1時間半〜2時間前に行きます。
スタートが速い場合は、コースのオープン直後くらいに行きます。(嫌がられるかも?)
練習場でドライバー、アイアンと一通り練習してから、パター練習を行い一休みをするためです。
パターのフィーリングには、少し時間がかかることもあるので、少し余裕を持ってコースに到着するようにしています。
準備もないままにコースをラウンドするなんて、かなり無茶な状態であると思います。
普段練習場でも、いきなり全開でフルスイングしないでしょう?
はじめはゆったりと体をほぐすように、スイングすると思います。
もちろんコースでも同じことなのです。

何事もまずは準備をする事がスムーズにいく

スポーツでも、仕事でも、やはり事前準備と言われるものが必要になります。
事前準備を怠ると、失敗が重なるようになってしまった時に、対応の遅れにもなります。
準備をしていれば、失敗のリスクも少なく、もしミスを犯してもクリエイティブに対応出来る余裕が生まれるのです!
また体への負担も軽減されます。
事前に軽く体を動かしているのと、動かしていないのとでは、体の怪我にも繋がってくると思います。
あくまでも準備運動も兼ねて、練習されることをお勧めいたします!

どうしてもできない時には?

様々な理由で練習がどうしても出来ない時には、ストレッチを必ずするようにしましょう!
やはり怪我が一番不安ですので、怪我をしない様にする為にも、しっかりと柔軟運動で肩、腰、股関節、膝などのストレッチをしましょう!
スイング練習ができない時には、不安でティーショットもイマイチな気持ちになるかもしれませんが、7割くらいの気持ちでスイングしてみましょう!
練習も全く出来てないんですから、いきなりフルショットは体にも良くないので、少し力を抜いてスイングしてみましょう!
いきなりフルスイングしたければ、事前練習でしっかり体を温めておきましょう!

プロは事前練習が当たり前

現地時間16日から始まっている、全米オープンですが、雷雨のため順延となってしまっている様です。
3度の中止があり3度目でそのままサスペンでッドとなり、現地時間17日の朝から再開される様です。
その2度の中断後にもちろん再開されているので雨が、選手たちは待たされ続けて練習もなしに打たなければならない状態が何度もあり、非常に選手たちは困惑した状態の様です。
もちろんすごいプレッシャーの中で戦っているので、オンオフをそれほど簡単に出来る訳もなく、スコアに悩まされる選手が多い状態でした。
やはり事前準備がないと、プロですらその様な状況なので、我々アマチュアはしっかりとベストな状態にできる様に、努力するsかないですね!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする