ゴルフ 左脇は閉まっていますか?打ち急ぎ防止には左サイドです!スイング スライス対策

練習でやたらとトップが多い方は、左サイドを見直してみると案外簡単に治ることもあります。
トップの原因は、上体の角度が崩れてしまっていることが多いです。

打ち急ぎを抑えて、しっかりとインパクトをする!

伸び上がりの一番の原因が、打ち急ぎによる上体の伸び上がりです。
飛ばしたい気持ちが、ヘッドアップや前傾姿勢を崩してしまっているのですね〜
もちろんクラブが長くなればなるほど、前傾姿勢が浅くなり伸び上がり易くなるので、そこは十分に注意しておきましょう!
さて左肩を上げない為には幾つかの方法があります、今回はその方法をご説明したいと思います。

左手をボールにぶつける

これは手元を浮かないようにする意識を持つためです。
トップスイングからインパクトに向けて下ろしてくる時に、左手甲をボールにかぶせるイメージで低く低く手元が浮かないような意識でスイングします。
手元が浮いてしまうと、これもトップの原因になるので、十分注意しておきましょう!

左肩を抑えて、左手スイング

お借りしました
岩本肇プロのレッスンにわかりやすく説明してくれています。
このスイングを覚えることで、インパクトで伸び上がらずに手元の浮かないスイングができます!
左手1本のスイングをすることで、前傾姿勢の維持やグリップの角度を意識して行いましょう。
左手だけ、右手だけのスイングをすることで、スイングの流れや角度も理解しやすくなると思います。

ゆっくりハーフショット

参照 「腰から腰まで
あくまでも片手でのスイングですので、無理のないハーフスイングで行いましょう!
このぐらいの振り幅でないと、下半身の動きとかも理解しにくいと思います。
ゆったりではありますが、きっちりとしてスイングの技術を活用してください!
また片手のスイングに慣れてくれば、両手に持ち替えてこれもハーフでトライしてみてください!

左手の意識は、常に低く低く

インパクトではアドレスの再現を常に求めています。
しっかりとアドレスに戻すためには、上記でも申しましたが、上体の前傾角度やグリップの位置などが重要です。
特にグリップは、手元が浮いてしまうと、スライスや引っ掛けの原因にもなるので、注意しておきましょう!


練習器具など豊富に取り揃え、スイングのサポートなどに使える様な物があれば、購入をお勧めいたします。

こちらや

こちらもお勧めです!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする