ゴルフ ドローとフェードを打ち分けよう!フェードボールの打ち方 コース攻略 捕まった球

今回はフェードボールについてご説明したいと思います。
フェードボールとは、少し左に飛び出しゆっくりと目標に向かってスライス回転をしながら飛んでいくボールで、落下してからあまりランは出ないのですが、逆に転がって欲しくない時には重宝するショットでございます。

アドレスでフェードを打とう!

ほとんどのフェード打ちはアドレスで、少しオープンに構えて目標方向にクラブヘッドを向け、肩は打ち出したい方向にアドレス、アウトサイドインにスイングして、打つことが基本と言いますかよく聞かれる内容と思います。
今回ご説明したいのは、少し難しいかもしれないのですが、あのフェード打ちで有名な藤田寛之プロも使ってるやり方です。
1)クローズスタンスに構えます
2)肩のラインは打ち出したい方向を向く
3)クラブヘッドは落としたい目標に対して平行
4)アウトサイドインのスイング意識

クローズスタンスで力強いフェードを打とう!

オープンスタンスにしてフェードを打つのが比較的簡単と思いますが、しっかりボールを捕まえれないと単なる力のないスライス球になります。
そこで力強いフェードを打つために、いわゆるパワーフェードですね!
クローズスタンスでボールを捕まえるのです。
バッバ・ワトソン選手のような、凄まじいパワーフェードが打つには、クローズに構えて肩のラインはオープンといった体をクロスにする事になるのですが、これの方が力強い球が出ると思います。
ちなみにバッバ・ワトソン選手はスタンスがオープンに構えて、完璧に捕まったフェードを打たれています。

お借りしました
後方から見るとよくわかりますね!
しかし本当によく飛んでいます!
上記のクローズスタンスのフェードは、難しいって思われる時には、オープンスタンスで試してみてください。
パワーフェードこちらをご参照ください!

体がクロスで違和感を感じよう!

スタンスはクローズ、肩はオープンとクロスのアドレス状態ですが、あえてこの状態を感じることで、狙う球のイメージを作るのです!
クラブヘッドは目標を向いているのですが、肩のラインは飛球線を向ているこの差が、フェードを生んでいますが、つかまりがいいフェードを目指すためには、グリップは若干ストロンググリップが良いかもしれません。
ストロンググリップになることで、インパクトでフェースが返りやすくなり、ボールがフェース面にしっかりと乗ってきますが、肩のラインがオープンな分スライス回転がつきます。
この結果力強いフェードボールが打てるのですね!
フェードボールの曲がり幅については、練習でしっかりと把握しておいてください。

ショートアイアンなどでハーフスイングから練習してみよう!

まずはウェッジなどの短いクラブのハーフショットから練習してみましょう!
短い距離の練習でボールの回転などもわかるので、ご自身が行っている事が理解しやすいと思います。
ボールの回転を理解したければ、パターで打ってみるのも良いと思います。
ご自身のやっている内容を、しっかりと理解して行う事が大切と感じます。

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする