コースでの実質距離の計り方って分りますか?歩幅を知って、歩測を活用しよう!!

今回は、コースでの距離の計測方法についてです

コースでは、ミドルでは150ヤードより、50ヤード間隔で杭が設置されてますよね?
ロングでは200ヤード位ですかね?それから50ヤード間隔に表示があります。

実際それを計測された事ってありますか?普通はなかなか無いと思います。

コースでの計測の仕方で一番簡単で無難なのが「歩測」です!

歩測で50ヤードって何歩ぐらいだと思いますか?
人それぞれ歩幅は違いますので、45歩なのか、50歩なのか?
ちなみにマスターは48歩程度です!

1ヤードが約91センチなので、50ヤードで約45.5mです。
この歩測のやり方は、普通の歩幅で意識をせずに計ります。
1打目が上手く打てたとき、ヤーデージから何歩でボールに到達したか?
そして残りの距離が分りますよね?
打ちたい距離が一目瞭然です。
あとは、距離に合ったクラブ選択をするだけです!

ご自身のクラブの飛距離って知っていますか?

クラブ別の飛距離
こちらを参照下さい

杭の近辺にボールがあったとして、そこからどれだけマイナスするのか?
または、プラスするのか??
それらを知る為に、歩幅がどれくらいなのかを計らなければなりません。

歩幅を知る為に、コースの杭を使い、杭から杭迄は50ヤードですので、この杭から杭迄を歩いてみると、ご自身の50ヤードの歩数が出ます。
そんな出来る状況があるかな?って思いますが、ご自身の為にも必ずやっておくべきです!

例えば、1打目、2打目が上手くグリーンやグリーン周辺迄到達したとき、100ヤードから50ヤード迄を、歩測してみると簡単に分ります。
150ヤードから100ヤードでも構いません!いつもの歩幅で結構です!
いつもの歩いている感覚でないと、歩幅がバラバラであったり、広すぎたり、狭すぎたり、バラバラでは意味が無くなります。

それが、ご自身の歩測となる訳です!
あとは、足し算引き算の要領で、ヤード杭からの歩測で計算します。
グリーンエッジ迄の歩測も同様、時間があるならば試してみるのも、アプローチの目安としてお勧め致します!

よく、プロトーナメントではお馴染みな感じでしていますが、実は結構効果的なので、スロープレーになっていないならば、グリーンの形状も確認出来るので、トライしてみてください!!
アプローチに結構役立ちますよ!

あまり意識しないと気にもしないので、細かな数字を出して、アプローチ等の短い距離を調べ、それに合ったアプローチをしてみてください!
絶対オススメです!!

また、失敗しても練習場に持ち帰り、またアプローチ練習の1つとして、「あの時こうだったな!」とか「こうすればどうだったのか?」など、復習して、次のラウンドに生かしてみてください!

ティーグラウンドからの距離に関しては

ティーショットを打つ前に、コース全体の距離は把握出来ますが、実際の距離は、ピンの位置で変わります。
そこで、少し高額ではありますがオススメ商品あります!

こちらがオススメのレーザー計測器になります!

計測機器は、GPSを利用してコースの情報を取得、そこから距離を出しますが、こちらは、立っている位置から目標物迄の距離を実測しますので、かなり信用度が高く計測機器には無い細かな測定が出来ると思います。
余裕がある方は、購入されるこおとお勧めしますが、競技等では使用禁止ですので、ご注意下さい!

大体の距離感を知る為には、GPS計測器でも大丈夫です。
しかし、本当に微妙な距離や高低差等は難しいとは思います。
しかしながら、比較的安価に購入出来るのがオススメです。

皆様一度お試しあれ〜

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする