ゴルフ スイングの始まりはアドレス、始まりからきっちりしよう!

良いスイングはスタートであるアドレスで決まります。
きっちりとしたアドレスから、気持ちの良いスイングをしよう!

アドレスは土台からしっかり構えよう!

なんでも同じなのですが、土台がしっかりとしないと、どれだけしっかりスイングしても崩れてしまいます。
まずは安定とした土台を作る為に、意識しておきたいことがあります。
20150828094901
お借りしました
画像のようにテイクバック〜フォロースイングなどで、左右にズレすぎないようにしましょう!
ズレすぎるとスエーとなってしまうので、ミスの原因になります。
体の回転軸はあまり動かさずに(多少は構いません)、スイングに負けないようにしましょう!

テイクバックでの注意点

テイクバックでは右腰の流れと先ほども言いましたが、大幅な軸のずれです。
右足内側にしっかりと意識を持ち、右へ流れすぎないようにしましょう!

お借りしました
画像のようにボールを挟んでスイングすると、下半身の使い方がわかりやすいと思います。
ダウンスイングでも同じように、左への流れすぎに注意です!
しかしどちらかといえば、左へ流れるのは仕方ない部分はございます。
やはり体重移動を行っているので、バックスイングよりはシビアではございません。
ご自身でタイミングを見つければ、しっかりと左足に体重を乗せる為に、軸のずれは仕方ない部分と思います。

軸はズレるの?ズレないの?

機械ではないので、完璧にはできないのですが、難しい問題ではございます。
申し上げるなら、テイクバックで軸はほんの少しはズレます、ただし右膝の位置はほとんど変えないようにスイングすると思っております。
しかしダウンスイング〜インパクトでは、テイクバックよりも左足に軸の移動があると思います。
体重移動をさせるのですが、それは左腰にしっかりと重心を乗せているのか?って事なのです。
その為には、少し軸のズレは仕方ないと思いますが、テイクバックの右膝に関してはズレない方が安定すると思います。
ここがややこしいと感じるのですが、テイクバックで上半身の軸ズレは構わないが、右膝のズレはダメである。
ダウンスイング〜インパクトでは、軸のズレはありますが、左腰にしっかりと重心を持ってきているのか?ってことですね〜
まさにテイクバック、ダウンスイング〜インパクトのどちらも共通して言えることは、右腰左腰にしっかりと体重を乗せることなのです。

下半身リードでスイングが絶対条件です!

スイングは上半身と下半身の捻転差から、クラブのヘッドスピードが上がって飛距離につながると思います。
下半身始動でダウンスイングが始まり、それに伴いクラブが引っ張られて振り落とされる事と相まって、飛距離が出るという事です。
ただこの動作も、土台がきっちり出来るという事で成り立っているので、あくまでも下半身をしっかりとしておかないと何も出来ません。
打ちたい気持ちが強いと、上半身が余計な動きをしてしまうので、あくまでも下半身先行で動くように心がけてみてください。

右肩、左肩に注意してスイング

両肩の気をつけなければいけないタイミングは、トップスイング〜インパクトまでは気をつけておかなければなりません!
右肩が前に出てしまうと、アウトサイドインのスイング誘発につながり、左肩がインパクトまでに先に開いてしまうと、スライスやトップの原因になります。
左腰の引けにもなり、擦り玉の原因になります!
左腰2
お借りしました
上記の様になります。
右肩は右腰と連動して出ることが多いので、右腰を意識することも大切です。
右腰が前に出てしまわない為には、右足かかとを上げない事をお勧めいたします。
いわゆるベタ足でのスイングですね!
それだけで右サイドの前方への出過ぎは抑えれると思います。

縦振り&前倒しでスイングは完結!

トップスイングからクラブの縦振り&前倒しでスイングは完結します。
縦振り&前倒し詳しくはこちらから
桑田泉プロも紹介している「クォーター理論」ですね〜

ご覧ください、お借りしました
過去記事は実際に体験したわけではないので、あくまでもマスター的見解の範疇ですのでご理解ください。
マスター的には、アマチュアにはわかりやすい理論と思います。
実際プロもこのようにスイングしているのです。
あまりにも早くスイングしているのと、下半身と連動しているので分かりにくいのですが、スイングとはこういう物だという事なのです。

プロの真似をしてはダメ!

プロのようなスイングをしてみたい事は、誰もが憧れるスイングと思います。
あれほどのスイングスピードであれば!?何て思われることありますよね!?
だけど筋力や柔軟性など真似出来るものが少ないので、スイングリズムを壊してしまいミスの誘発につながります。
ではどうすればいいのか?
ご自身のスイングリズムを見つけるのです!
このスイングリズムを理解出来るようになると、ゴルフはガラリと変わってくると思います。
ゴルフは飛距離ではありません。
あくまでもボールをカップに入れるのです。
目先の飛距離に囚われず、しっかりとご自身のリズムを見つけましょう!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする