ゴルフ ミスの原因を探ろう!左サイドの開きを抑える

アイアンでは上手く打てるのに、ドライバーだけは何故かミスが連発、右や左へ荒れてしまう事ってありませんか?
そんなミスをよく出してしまう方は、打ちたい飛ばしたい気持ちが強く、左サイドにしっかりと体重を乗せれない事が原因かもしれません!
マスターも過去に経験があるのですが、左に体重を上手く乗せる事が出来ないのです。
乗せ方がいまいち分からなかったって事もあるのですが、よく左腰が逃げるような形になっていた時期があります。
左腰引け
お借りしました
極端に言えばこのように腰が逃げてしまうのですね〜
左に体重が乗らないことで、左腰が逃げてスイングがアウトサイドイン軌道になりスライスが出てしまいます。
過去記事の左腰の体重移動もご覧ください
右腰、左腰への体重移動をしっかりと行いましょう。

体重移動を心がけても、気持ちが出すぎるとミスに繋がります!

右、左への体重移動をしっかりと意識していても、打ちたい気持ちが強すぎると、これまたミスにつながるのですね!
特にドライバーなどは、ボールがティーアップされているので、打ちたい気持ちが特に出やすいのです。
ものすごく飛ばしたい!そんな気持ちが出てしまうと、上半身おtからが強くなり、左肩が早く開いてしまうので、スイングが安定しないのでミスになるケースが増えてしまいます。
そんな時こそ、打ちたい気持ちを極力抑えて、胸を右下に向けたままインパクトを迎えるのです!
そうすることで、左肩が早く開かずにしっかりと左位腰に体重を乗せることができるのです。

左サイドの開きを抑える

左サイドの開きを抑える中で、ひとそれぞれ開いてしまう原因はあります。
マスターは左肩が主な原因でした。
しかしマスターは、アイアンではその様な事は無かったのです!
なぜ、ドライバーには出て、アイアンには出ないのか?
打ちたい気持ちが強いことは、お話ししましたが、アイアンも同様に打ちたい気持ちはありました。
しかし大きな要因は、ボールが浮いているか?浮いていないかが主な要因でした。
アイアンは地面にボールがあり、上から打ち込むイメージが入っているので、左サイドの開きを抑えれていたのです。
マスターの診断結果はこうでしたが、皆様の原因は同じではないかもしれません。
ただスイングというものは、基本的には同じスイングです。
ボールの位置の違いぐらいで、その他は特に何かしらヘンアKさせることはございません。
その部分をしっかり意識して、スイング練習に励んでみてください!
手首2
お借りしました、参考にしてください
何度も申し上げていますが、イメージとしてはインパクトを過ぎるまで、決して胸は開かない意識を持ちましょう!
スイングの基本は縦振り&前倒しです!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする