ゴルフ ボディーターンと手打ち スイングを見直そう!

ゴルフのスイングは、一般的にはボディーターンで行いましょう!ってよく聞かれますね?
まれに手打ちを推奨されて、その後に体重移動をするって事も聞くことありますね。
言葉とは取り方で、その人それぞれの悩み事に解決策があり、それによって表現方法が違ってくるというものです。
ボディーターンが強すぎる方には、手打ちの意識を少し強めてみたり、手打ちの意識が強い方はボディーターンという様なイメージです。
あくまでもゴルフの基本は、大きな筋肉を使うことで、一瞬の瞬発力を生み出す為だと思います。
その為に器用な手先を使いづらくすることで、あえて大きなイメージをもたせているのだと思います。

基本はチャー・シュー・メーン!

40〜50代の方には懐かしい言葉だと思います。
あした天気になあれ!で向太陽が、スイングリズムに使用していた言葉です。
もとは向の後輩である内山くんが、全くうまく打てない事から、リズムを取りやすくする為に、好きな食べ物であるチャーシューメンにしたそうです。
漫画にも採用されるように、やはりスイングリズムはとても大切です!
各々がご自身のスイングリズムを見つけることが重要と感じます。
これは練習で培われるものと思いますので、一朝一夕にはつかめないと思います。
また、簡単に掴んだものほど、簡単に忘れてしまいますので、じっくり確実にリズムを見つけましょう!

バックスイングは上半身、ダウンスイングは下半身

バックスイングは上半身と申しておりますが、もちろん下半身は使います!
ただ押さえたいポイントは上半身で、ダウンスイングは下半身って事なのです。
つまり、トップスイングまできたら、下半身始動でダウンスイングに入る事がポイントで、この時に切り返しが入ります。
この切り返しで捻転差が生じて、スイングスピードアップにつながるのです!
ダウンスイングは、過去記事にもあげていますが、縦振り&前倒しでダウンスイングになります。
縦振り&前倒しはこちらからどうぞ!
この捻転差の感覚を掴めれば、飛距離アップは間違い無いですよ!

お借りしました
この画像は、クラブの前倒しを行っているのですが、こんなんで打てるの?って思われる方はかなり多いと思います。
しかし飛球線後方からスイングを確認すると、きっちりインパクトではボールに対して包み込むようにヒットするのです!
20150126091144
お借りしました
画像はスライスの事を記載しておりますが、クラブは基本円運動となりますので、イメージはボールに対してスクエアでインパクトと思いますが、実際は決してそうではないのです。
ボールのやや右下からインパクトして、クラブヘッドで包み込むようにスイングしているのです。
腕のローテーションを行い、しっかりと下半身始動でスイングしていれば、必ずこの形になります!
この時に、腰の開きが早ければスライスになり、遅ければ引っ掛けになるので、タイミングをしっかりと見つけましょう!
この前倒しが出来れば、スイングはかなり安定し、どのクラブを使っても安心してスイングが可能と思います!
全ての基本スイングは同じと思っていただいても構いません。
ドライバーであっても、ウェッジであっても、スイングは同じです!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする