ゴルフ スイングにおける縦振りと前倒しのタイミングを見つけよう!

過去記事ではスイングについてご説明させていただきましたが、このスイングについては縦振りでないとミスになりやすい!
そのミスについてのご説明はこちらからどうぞ!

さて今回は縦振りと前倒しについてのご説明です!

縦振りと前倒し

縦振りにする事で、自然とクラブの前倒しが始まります。

お借りしました
胸は右を向いていますが、腰は左へ切れており、腕もしっかりとインパクトしているイメージです。
トップから縦振りをするとクラブの前倒しが始まり、インパクトでは腰を左へ捻る事でボールに対してクラブヘッドがスクエアになるというのです。
この時に注意点として、上半身は腰と連動して回さずに胸は右を向いたままにし、これにより左肩が開かずにクラブヘッドがボールに対して正面でインパクトを迎えるようになります。
インパクト後はしっかりと左足に重心が移動するように体重移動をしましょう。

縦振り&前倒しはタイミングが重要!

腰の捻転と前倒しのタイミングは、少し練習を重ねてタイミングを体に覚えこませましょう!
前倒しが早ければ、左に引っ掛けてしまいますし、腰を切るのが早ければ右に逃げてしまいますので、ちょうどいいタイミングをご自身で見つけましょう!
この前倒しはゆっくり行ってみると、本当に当たるのか?って普通に疑問を感じてしまうぐらい、クラブがおかしな動きをします。
だけど当たるのです!
下半身が先行しているので、タイミングが合えばきっちりまっすぐ飛びます!
はじめは左に引っ掛けてしまうことが多くなるかもしれませんが、それに惑わされずにしっかりと練習を続ければ、きっちりとまっすぐ飛んでくれますよ!
また縦振り&前倒しと申していますが、基本的に腕は横に振りません!この横に振らないことが肝です。
縦に落とすと前倒しが起こり、上記写真のように腰を右から左へ腰を切り、そのまましっかりと体重を左に乗せ切る事でスイングは完成するのです!
何度も言いますが腕は決して振りません!
振ると手元が浮いてしまいます!手元が浮くということは、体からグリップが離れてしまいフェースが開くので、間違いなくスライスになります!
十分に注意してください!

ゴルフはバランスと柔軟性である!

プロの方々は皆さんこの前倒しを行っております!
伝え方が違うだけで、レッスンプロもこの様に伝え御用としているのですが、人それぞれ体格や筋力が違うので、伝え方に違いが生じるのだと思います。
最終的にはこの形になると思われます!
ただし癖や体の柔軟性の違いで、上手く出来ない事があるかもしれません。
基本的にゴルフは筋力よりも、持久力と柔軟性です。
体幹トレーニングにストレッチ、ランニングなどを普段から取り入れてみては如何でしょう?
スイングを常に同じパフォーマンスでする為に、重たいものと軽いものを交互にスイングすることをお勧めいたします。
例えばスイング様バット
クラブの落とし方と腰のタイミングですね!

この様なバットと、クラブで一番軽いのがドライバーなのでドライバーと交互にスイングしてみるのも、スイング持久力とバランスの良いスイングを鍛える為には必要なものです。
必ず数回バットをスイングしたら、軽いドライバーをスイングしましょう!
柔軟性を鍛えるストレッチや、それに合わせて体幹トレーニングを行うとバランスも鍛えれるので尚良しです!
トップスイングからクラブを縦に落とし方と、腰を切るタイミングがここでは非常に重要になってまいります。
クラブの降りてくるタイミングより、腰が先に切れてしまうとクラブヘッドは遅れてきます。
逆にクラブが降りてきて、腰を切るタイミングが遅れると、手打ちになり左へ引っ掛けてしまいます。
ここではどちらにも言えますが、両肩は飛球線方向に引っ張られないように特に左肩は我慢しましょう!
我慢できずに回ってしまうと、トップやスライスの原因になります。
トップスイングから左股関節へ目掛けて、グリップを落としていけば、間違いなくダフリのミスはなくなるのです!

お借りしました
ここから右腰に重心を置いたまま、左股関節に向けてクラブを落としてくるイメージです。
左股関節にグリップが来るまでは、トップスイングの重心位置を変えてはいけません!
そして落としてきたら、頭を残して左へ腰をスライドし、左股関節をグリップエンドが追い越したぐらいに腕のローテーションでボールを捕まえます!
クラブは真下に落とすイメージなのですが、クラブの支点が回転運動でずれることでボールをスクエアにインパクトできるのです。
ドライバーなどは長いのでその行為がとても早くなり、左股関節にグリップが来る頃では間に合わないのです!
なのでまっすぐ落下させるという行為が合っているのですね!
詳しくはこちらからどうぞ!
風邪に負けない強弾道のボールが打てますよ!


クラブ毎のタイミングを覚えよう!

クラブ毎と申しましても、1本1本という意味ではなく、ある程度の括りでまとめてタミングを取るって思っていただければ結構です。
例えば、ドライバー、フェアウェイウッドorユーティリティ、ロングアイアン、ミドルアイアン、ショートアイアンといった6種類程度に分類してみましょう。
この分類の中で、さすがにミドルアイアンとショートアイアンには大きな差はないと思いますが、ドライバーとフェアウェイウッドorユーティリティやロングアイアンはショートアイアンと比べれば、タイミングの違いがあると思います。(かなりと言っても、時間にすれば0.何秒の世界なのですが)
またスライサーの方にすれば、左股関節に落としてくるイメージよりも、右太ももに落としてくるイメージでインパクトをする方が良いこともあります。
逆にフッカーの方といえば、左股関節または、左太もも外側ぐらいに落とすイメージと思います。
これも同じく、ご自身のタイミングとクラブの落とし場所は、練習で培ってください!


右サイドで完結させよう!

この前倒しはタイミングが命なのですが、単純に申し上げてタイミングは右サイドで決まります。
右サイドで完了させることが重要なのです。
そもそも右佐渡で完了させるのは、両肩が開いてしまってはインパクトで体が先行してしまうからです。
下半身は先行するのですが、上半身は右斜め下をキープしたいのです!
右斜め下を向けたまま、クラブは前倒しをしてインパクト〜フォローでようやく体が腕に引っ張られて飛球線を向くくらいでも問題ありません!
この時に注意して頂きたいのが、左手は常に下に落として頂きたいのです!
インパクトで右手の押し込みでクラブヘッドが持ち上がり、そのクラブが持ち上がることで左ひじが自然と曲がってフィニッシュを迎えます。
あえてグリップをフォローで高く持ち上げないでください。
その意識が強いと、左脇が開いてしまって、フェースが開いてしまうので注意してください!

タイミングはひとそれぞれ違います!

縦振りと前倒しのタイミングをご自身で掴んでおきましょう!
まずはショートアイアンなどで、ハーフスイングから始めてください。
小さなスイングでも、しっかりと意識しないとまっすぐ飛びません!
まっすぐ打つためにも、基本動作は変わらず、その延長がフルスイングになるだけです!
例えば、左にボールが引っかかる方やトップする方は左肩が開いていることが多いです。
右へボールが飛ぶ方は、腰の切り方が遅いと思われ、右を向いたまま腰の振るタイミングと腕の切るタイミングを合わせてみてください!
この練習をされるときにポイントとして、ボールを見ないでボールの少し後方をずっと見ていてください。
そのままインパクト〜フォローまでを意識しましょう!

お借りしました
松山英樹選手のインパクト直後です。
ボールの少し後方を見ているのがお分かりになります!
是非意識して行ってみてください

スイング中は力まずに!

よく雑誌などにも掲載されることあると思いますが、グリップは力まずスイングしよう!ってお聞きになられる事ありますよね?
これはすべてのスイングにおいて同じではない事をまずもってご承知ください。
大まかに申し上げると2点あります。
1点目は、ティーショットやフェアウェイなどの、ボールとのコンタクトが容易に行えて、しかもボールとクラブの間に何も障害物が入り込まないときは、力まずスイングして頂いて結構です。
2点目は、ラフなどのトラブルショットの時には、しっかりとグリップしておかないと、ラフの芝などにクラブが思い通りの動きができない場合があります。
そんな時、特に左手の中指薬指小指の3本は、しっかり握っておきましょう!
クラブヘッドの向きなど、簡単に変わってしまっていては、思い通りのインパクトになれないので、十分注意して意識しましょう〜!
ただし、このようなトラブルがあってはいけません、無い方がよっぽど良いので、頭の片隅に知識としておいておく程度でも構いません。
もちろんぶっつけ本番ではダメなので、練習場ではトラブルを想定して練習をしておきましょう!

力まないは肩に力を入れない!

スイングで注意しておきたいことが、両肩への力の入り具合です。
力を入れる事と力む事は別で、先ほども少し申し上げましたが、腕の力みは肩の力みに繋がりやすいのですが、気をつけて頂きたいポイントは指の握る感覚です!
親指人差し指は、比較的添える程度で構いませんが、残り3本の中指、薬指、小指はしっかりとグリップして欲しのです!
これは筋肉の使う部位の違いで、親指と人差し指を強く使うと、親指人差し指から繋がる前腕部上部の筋肉硬直を感じられると思います。
次に残り3本の指に力を入れてみると、前腕部下部の筋肉硬直が感じられると思います。
前腕部の上部に力みを感じると、そのまま肩まで筋肉硬直が伝わり、肩が力んだスイングになりやすく、体を使っていない腕のみのスイングになりやすいのです!
ですから力を入れてスイングすると言っても、基本的には中指、薬指、小指側にしっかりと意識を置いてグリップし、肩はリラックスした状態をもってスイングできるようになりましょう!

スイングの基本は回旋運動である

ゴルフスイングは、アドレスの状態からテイクバックへと回旋し、フォローへと回旋する動きです。
これはクラブを縦に使う動きでよくわかるのですが、初心者の方々はバットを振るようにいわゆる横にクラブを振ってしまうと、グリップが体から外れてしまいその結果、クラブヘッドが遅れて来てしまってボールに対してフェースが開いた状態でインパクトしてしまうことが多くあります。
スライスの原因ですね〜
それを防ぐためには、クラブヘッドがスクエアにボールとインパクトしなくてはいけません。
当たり前なのですが、クラブヘッドを速く動かすためには前倒しが必要になり、その前倒しをする上で必要な動きが、「腕の回旋」なのです。

お借りしました
上部が体の回旋で、下部が腕の回旋です。
この融合がゴルフスイングと考えられます。
あとは中心軸(スイング軸)をずらすことなく、リラックスしてスイングしましょう!
まずは腰から腰までのビジネスゾーンにて調整していただく事をお勧めいたします。

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする