ゴルフ スライスは左腰の引けが原因?スライス撲滅!

アマチュアの多くはこの左腰の引けが原因で、スライスに悩まされている方多くないですか?
その左腰の引けを理解していても、失敗してしまうことも多々あります。

お借りしました
ダウンスイングで腰を捻ることに意識が強くなってしまい、右に体重が残ったままインパクトしてしまうというもの。
当然スイング軌道はアウトサイドインのカット軌道になるので、ボールはスライス回転してしまうのは言うまでもありません。
これではいつ迄たっても進歩いたしません。

左腰の引け対策 その1

まずは左の腰が引ける要因として、体重がしっかりと左へ移動出来ていないことが考えられます。
しっかりと左へ体重を乗せる為に、簡単なドリルをご紹介します。
7番アイアンで普通にアドレスを取ると、ボールはセンターにあると思います。
次にセンターにあるボールを左足つま先まで移動させます。
移動させたら、先ほどのようにアドレスを取り左つま先上にあるボールを打ってみてください。
かなり違和感を感じますが、しっかり左足に体重が乗ればこのボールはインパクト出来ますのでお試しください!
それが出来れば左足にしっかりと体重が乗ることが感じれます。

左腰の引け対策 その2

初心者はスライスが出てしまうので、あえて目標方向より左を狙って打つことで、その場しのぎの対策をしている方も稀に見受けられます。
しかし安易に左を向いてしまうと、どんどんドツボにはまってしまいスライスの蟻地獄から抜け出せなくなります。
左を向いてしまうと、上記のごとく左腰が引けるきっかけになりかねません。
ここであえてクローズスタンスでスイングしてみましょう!
左足を前にしても構いませんし、右足を引いていただいても構いません。
極論で申しますと、左足前でほぼ一直線にしていただいても構いません。
ハーフスイングで結構ですので、ドローを打つイメージでスイングしてみてください。
その際、左腰の体重のかかり方と申しますか、乗り方と申しますか、バックスイングのパワーを受け止めながらインパクトすることが理解できると思います。
大袈裟にしなくても構いません、はじめはゆっくりで構いませんので、左腰の抜けない様にイメージしましょう!

左腰の引け対策 その3

マスターも実際左腰の引けは悩みました。
理解していても、瞬間的に出てきてしまうので、厄介なものです。
マスターの対策は、上記で言いますと前者のイメージで対策いたしました。
乗らないならば、しっかりと乗せるイメージを作るという事です。
いきなり大きなスイングからするのではなく、ハーフスイングから行い、徐々に大きなスイングに変更していく事をお勧めいたします。

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする