ゴルフ 下半身の体重移動は大袈裟なぐらいに試してみよう!

色々なレッスンで、しっかりと腰を回して下半身を十分に使わないと飛距離アップしませんよ!
飛距離アップには下半身の体重移動です!って言われませんか?
ただどのように使っていいのか?右膝はテイクバックでは決して動いてはいけない、頭の位置も極力動かさないほうがいい
などとアドバイスもらいますよね?
それらすべて間違ってはいません。
むしろすべて正解です。
しかし、なかなかアマチュアには筋力も練習時間もないので、取得に時間が要します。

下半身は大袈裟に動かして、しっかりとスイングを決めよう!

大袈裟に動かすと申しましても、軸が大きくブレるほどズレてはダフリやトップと言ったミスに直結しますので、
あくまでも、テイクバックは軽く上げて腰ぐらいまでで結構です。
そこから、フィニッシュまでスイングするのです。
この時に下半身、特に左足への体重移動をしっかりと行いましょう!
フィニッシュをきっちりと取るようなイメージでスイングするのです!
昔から、フィニッシュが決まれば、ほぼほぼ球筋は決まると言われています。
トップをしてしまっても、打ち出したい方向には飛んでくれるので、大きなミスにはならないと思われます。

体重移動の要は右足への踏み込み

バックスイングで腰の辺り、つまりハーフウェアバックであったとしても、右足への踏み込みはきっちり行います。
そうすることで、左足への体重移動がきっちり行われ、左に体重の乗った綺麗なフィニッシュも取りやすくなります!
つまりスイングは下半身始動ですべて行っていると思っても過言でないと思います。
下半身の動きを理解して、それに腕の使い方を融合させるというものです。
腕の使い方については、こちらからもどうぞ。
ものを遠くに投げる時に、腕だけで投げてもあまり遠くまでは投げれません。
単純に投げるだけでも、投げたい方向とは逆に勢いをつけ、飛球線へ体重をしっかりと乗せて軸になる事で力が伝わるというものです。
それをゴルフに置き換えただけで、もちろんクラブは軽いので意識しにくいとは思いますが、それをする為に下半身の使い方が重要というのです!
重たいものを投げるように、下半身を使いましょう!って言うのが今回の内容です。

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする