ゴルフ スイングの基本は縦振り、横に振ってはミスになります!

スイングの基本は縦にスイングするという事なのですが、初心者の方々は良く分からないかもしれませんが、ゴルフの基本が理解出来て来るとこの意味がとても良くわかります!

初心者にも簡単縦スイング!

ほとんどのアマチュアのスイングミスが、クラブを横に振る事が原因と思われます。
もちろんゴルフは円運動なので、丸く円を描くようにスイングするのですが、クラブは当たり前ですがグリップとシャフトにヘッドが付いていますが、シャフトの延長線上でない事が大きな要因です。
野球やテニスの様に、グリップからヘッドまで一直線になっているものは、横に振る事もできるのですが、ゴルフはそうはいきません。
ボールに対して、ヘッドを効率よく当てることで、遠くへボールを飛ばしていきます。
グリップの通るプレーンとヘッドの通るプレーンは違うので、これをうまく使うために、スイングは縦振りになるのです。

クラブヘッドは自然と垂れる!

アマチュアの方に多いのが、クラブを横に振ってしまうということです。
スイングは縦振りになるはずなのです。
縦振りにしないと手元が浮いてしまうので、インパクトではフェースが開いた状態で降りてきてしまいます。
手元
お借りしました
画像のように、横振りにすると右側のように体から手元が離れてしまいます。
それではいつまでたってもインパクトで手首をこねてしまい、まともな飛距離を得ることも叶いませんし、ミスに繋がってしまう一方です。
そうならない為にも、画像左のように縦振りをすることで、手元が体かっら離れないようにお勧めいたします。
縦振りとはV字になる様にスイングするのです。つまりボールの位置が最下点ですね!
V字
お借りしました。
この時の注意点として、コックのキープです!
ハーフウェアバック(バックスイングでの腰の高さまでクラブを上げる位置)で出来たコックを、インパクトまで決して崩さないということです。
これが早く解けてしまうと、ダフってしまいますので、十分ご注意ください!
また横振りでスイングしてしまうために、右腕をインパクトまでに伸ばしてしまい、ダフるというケースも考えられます。
コックが解けるが故に、右腕が伸びてしまってクラブをしゃくるように振り上げてしまう癖のある方は、コックのキープと右腕の伸ばしすぎに注意してみましょう!
改めてスイング中はコックを解かない程の気持ちで、縦振りを意識しながらそこに足の捻転が加わり、スイングの完成です!

腰から腰でスイングの基本を作ろう!

スイング中のコックのキープは、あまり慣れない方もいらっしゃるとは思います。
そこでお勧めしたいのが、腰から腰までの練習でコックのキープを続けるです!
腰から腰までの練習については過去記事の「ビジネスゾーン」からどうぞ!
まずは基本からコックの違和感をなくして、スイング中はずっとコックが入りっぱなしという状態を作りましょう!
しかしこれはあくまでも通常のスイングです。
状況次第では、コックを入れない場合もございますので、すべての場合が当てはまるものではございません!
コックのキープをしっかりと身につけてみましょう!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする