ゴルフ スイングは回しているのでは無く、腕を落としている!

初心者にありがちなスイングの勘違いとして、クラブは回すようにスイングしていると思っているという事です。
スイング1
お借りしました
よく見ませんか?このような画像?
これだけ見れば、スイングは円の様に丸く振っている様に感じます。
そこが大きな落とし穴で、スイングは丸く振ってしまうと、ボールに対してスクエアにはヒットし辛くなります。
ボディターンスイングでは特にスクエアにヒットしません!
腕を使って、スイングに小細工をしなければうまく打てないでしょう!
スイング2
お借りしました
この様に綺麗なフィニッシュを見ると、まさに腰がしっかりと回りきってスイングしていると思ってしまいます。
マスターも武道をしていたので、腰を回すということはとても大切なことと思っていたので、この解釈は理解に少し時間がかかりました。

スイングは縦振り、腕を落とすのみ!

ではスイングとはどういったものなのか?
スイングとはクラブの縦振り、腕をトップスイングから落とすのみなのです!
ルーク
お借りしました
画像のように、クラブのグリップを落とすイメージです。
imgres-1
画像をご覧ください、右足横へ落とすイメージです。
ここでの注意点としまして、胸も同じく右下を向いていることが大切です。
スイング3
お借りしました、ご覧ください。
極端に申し上げると、インパクトまで右を向いていたいと言う事なのです。
何故ここまで極端に右サイドを意識しなければならないのかと言いますと、右サイドつまり、右肩、右腰を前に出してしまうと、スイング軌道がアウトサイドイン軌道になってしまうのです。
実際右腰が前に出てしまうと、腕の通り道がなくなり、必然的にスイング軌道がアウトサイドから入ってきてしまいます。
この事を理解する事が大切です。
股関節1
お借りしました
画像をご覧いただくと、右腰、右膝などが前に出ていない事が分かると思います。

では、インパクト後はどうなるのか?と言いますと、そのまま方に担ぎあげるようにします!
イメージとしては、縦に振り落としてきたクラブを、また縦に持ち上げる様な感覚です。
インパクトが最下点で、V字にスイングしている感じです。
この感覚を納得するのは、少し時間がかかる方も多いと思います。
円の様にスイングをイメージされていた方には、とても違和感に感じられると思います。
しかし一度、ご自身でシャドウスイングをされている時に、このイメージでお試しください。
ゆっくりスイングして、しっかり足腰の捻転も入れて、試してみてください!
ボールにインパクトする時には、しっかりとクラブヘッドはスクエアになっていると思います。
アドレスから、テイクバック、トップスイング、ダウンスイング、インパクト、フォローと一連の流れの中、コックは決して解かず、ビハインドザボールも忘れずに、気持ちよくスイングしましょう!
このスイングが確立できれば、腕の力みも緩和されますし、前傾姿勢のままフィニッシュを迎えやすくなります!
今までやりにくかったことが、途端に簡単に思えてくると言う事もなきにしもあらずなのです!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする