ゴルフ コースでのミスは簡単な対策で解決も早い!?

プレーに対するミスがそのままスコアに直結してしまうのがゴルフです。
そのミスをなくし、勝敗を決めているのがプロゴルファーですね。
しかし、プロゴルファーでもミスはあります、全くゼロではありません。
例えばアドレスで目標方向にしっかりと構えていてるのか?
スイングは手打ちになっていないか?
やはりアドレスはスイングの基本となりますのでその部分をおろそかにしてしまうと、思っている方向へと打ち出せなくなるという事になります。

アドレスは基本中の基本!

アドレスこちらをどうぞ
過去記事にアドレスの説明をしていますので、そちらもどうぞ。
以外と忘れてしまいがちになるのが、打ちたい方向と到達目標方向(ボールの落とし所)の違いです。
アドレス方向2
お借りしました
ボールの到達目標方向に体のラインを合わせてしまうと、思っているよりも右に飛んでしまいます。
つまりクラブヘッドの向きと、体の向きは並行にしなければならないと言う事です。
狙った所から少し左に体のラインを向けておくというものですね!
今まで、思っているより右に飛んでしまっている事ないですか?
スライスとかではなく、ちゃんとヒットしているのに何故か右に飛んでしまった。
原因はそれだけではないかもしれませんが、一つの原因としてアドレスの確認はしておく事が大切です。

ゴルフはミスの原因を突き止めるのが難しい

ゴルフのミスは様々な要因から発生してしまうので、一概にその原因はこれだ!と決めつけにくいのです。
そこがゴルフの難しいところなのかもしれませんね!
ただし、問題には原因があり、クリアーにしていく事が大切になります。
ミスの原因は、そのミスに対して絶対的な要因があるからで、その絶対的要因を見つける事が大切になります。
例えばスライスは、クラブの軌道がアウトサイドインの軌道になるからとスライスになる事を理解する事が大切です。
ではアウトサイドイン軌道になる要因は?と言う考え方に変わります。
スライスしない為に、アウトサイドイン軌道をなくし、インサイドインまたはインサイドアウトの軌道でスイング出来る様にしましょう!

上記の様に、ミスにならない為の方法を対策する事で、ミスになりにくい状況にもっていくのです。
チーピンの方は、右打ちの場合インパクトで体重が右に残ったままになっている事が多いと思われます。
ダフってしまいがちな方は、右肩が下がっている事が多いと思います。
逆にトップの方は、インパクト前に上体が伸び上がってしまっている事が多く見られます。
この様にミスにはある程度原因があるのですが、これを特定する事がとても難しい様に思えます。
ですから突き止めることよりも、ある程度の対策をたてる事がお勧めとなります。

あくまでも基本スイング、基本動作、これさえしていれば!って思いますが、練習場では上手くできても、コースではなかなか上手くってことありませんか?
単純に練習場とコースの違いとして、傾斜がない、プレッシャーがない、同伴者がいないことが要因で練習場ではミスが出にくいのですね!
あまりスイング自体を難しく考えず、目の前のボールをしっかりと打つ!って事を一番に考え、しっかり練習と対策を立てましょう!

皆様一度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする