ゴルフ ダウンスイングのタメを確認しておこう!

ダウンスイングのタメがしっかり出来ていると、飛距離アップが期待出来ます!
上級者のスイングを見ていると、皆さん当たり前ですがしっかりタメが出来ています。

タメを作るには、上半身の動きを制限しよう!

20150904123702
お借りしました
トップからハーフウェイバックに下りてきた時に、どれだけ腰の捻転と上半身の捻れが生まれるのか?
そこにタメが生じて、飛距離アップに繋がるのですね!
タメに関しては、スイングがとても美しいルーク・ドナルドプロのスイングを見てください。
ルーク
お借りしました
この腰のキレと上半身のタメですね!
イメージとしては下半身始動で始まり、上半身(胸)は右下を向いたままで、クラブを一気に降ろしてきます。
出来るだけグリップつまり手元は、身体近い部分を通らせます。
トップからダウンスイングに入る時には、グリップエンドが右太ももに突き刺さる様なイメージでスイングします。
imgresimgres-1
お借りしました画像をご覧ください

画像の様に枕を投げつけるイメージが分りやすいでしょうか?
もちろん、バックスイングで出来たコックはほどけない様に気をつけましょう!
ここで胸は右斜め下を向いたままにする事は、起き上がりを軽減させる効果と、スイングの安定にかかせません。
しかし、下半身の先行を考えると少し身体の硬い方には、難しい事かもしれません。
何故ならば、下半身が捻られるという事は、上半身も限界を越えると一緒に捻られていくからです。

インパクト迄は右膝は前に出さない!

ダウンスイングで右膝が前に出る事はスイングの手元が身体から外れる為に、スイング軌道がアウトサイドインになります。
タイガー2
お借りしました
タイガー・ウッズ選手のインパクトです。
右サイドは決して前に出ません!
むしろ左への重心移動の為に地面を蹴り込んでいる様にも見えます。
この動きは、胸が右斜め下を向いたまま下半身の捻転を進めると右足は地面を蹴り込む事でスイングしやすくなります!
右膝が前に出ると、右肩も前に出てしまいますので、ダフりやトップなど安定感は崩れてしまいます。
少し意識して頂くだけで、かなりの効果が発揮されると思います。

ゴルフのスイングは手元が大事!

マスターもゴルフを始めて目からウロコな事は多々ありましたが、スイングの事は特に色々とありました。
その中でも、スイングは丸くスイングしている訳ではないって事です。
それではどのようにスイングしているのか?
極端に申しますとV字ですね!
V字
お借りしました
連続写真ではどうも伝わりにくいと思いますので、極端ですがこのイメージでスイングするのです。
は?当たるの?って思いますが、実際やってみると、ちゃんとヒットするのです!
勘違いしてはいけないのが、クラブがV字に動くのではなく、手元がV字に動くという事です。
今迄は手元が、丸く横にスイングしている様になっていると思い混んでいたのですが、この理論を伺った時にはびっくりしました。
注意点としては、しっかりと腰の捻転をしておかないと、クラブヘッドが被ってしまいますので引っかかってしまいますので注意してください。
兎にも角にも、練習でびっくりしてください!
面白いですよ!スイングってこういう事なのか!?って感じます。
また、スイング自体も楽に感じると思いますし、両脇がダウンスイング〜フォローまで開くことも起りません。
これを続ければ、安定感も出てくると思います。

皆様1度お試し下さい

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする