ゴルフ アプローチの使い方を理解すれば、ミスが激減する!

グリーン周りでのミスは、誰もがやりたくないですね!
気持ち良くグリーン側迄来たのに、「あぁ〜」って思いますね〜
テンションも落ちるし、マイナスイメージがどんどん湧き出てしまいますね(笑)
しかし、このアプローチのミスは、使い方を理解する事でとても効率よく使えるのです!
背伸びをしないで、その用途に合ったやり方を知っておけば、ミスも少なくなる事間違いないです。

状況判断能力を養おう!

ボールの位置やアドレスの状態、グリーン迄の状況、グリーン上のアンジュレーション(傾斜)、大まかにはこれらをしっかりと理解してグリーンオンを狙います。
先ずはボールの状態です。
状況判断については、過去記事にも少しお話ししていますので、アプローチ編からもどうぞ!
まずはボールの状態をしっかりと把握しておきましょう!
特に気をつけたいのは、フェアウェイなどのボールに対してダイレクトにコンタクト出来るのか?またラフの様にボールに対してクラブとの間に何か干渉するものがあるのか?
これらをしっかりと把握しておきたいです!
これは、どこの場合でも同じと思って頂いて構いません。
プロや上級者はバンカーやベアグラウンドよりラフが一番嫌になるそうです。
自分の思った通りのボールが飛ばないからなのです。
もちろん理想はフェアウェイが最高なのですが、バンカーやベアグラウンドは、ボールが隠れる事が少ないので、直接ボールにヒット出来るので、飛ぶ想像が出来るというのです。
バンカーでは目玉になったり、ベアグラウンドではボールが埋まってしまう様なトラブルがあるかもしれません。
それはごく稀な事ですので、その時にはフェアウェイに出す事を1番に考え、トラブル回避に勤めましょう!
しかしラフは、日常的にあるミスで、ボールが長いラフによってしっかりとインパクト出来ない事もあるかもしれません。
そんな時には、あまり無理をしないでトラブルと認識し、ミスを最小限に済ませる努力をしましょう!
もちろんフェアウェイへの脱出が1番の得策は言う間でもありません。
少しの考え方の持ち方で、スコアが縮まると思います。
ミスの1打を何打もかけて失敗するのではなく、1打でミスを帳消しにする事で、その後のゴルフが楽にラウンド出来るというのです。

グリーン迄の距離と障害物の有無の確認

ボールの状況判断が出来れば、次に行ないたいのがグリーン迄のアクセス方法です!
今のボール場所からグリーン迄は、花道だけなのか?ガードバンカーが口を開けて待っているのか?
グリーン左サイドと右サイドでどの様な状況が判断されるのか?
ロングホールでは、グリーン手前に何があるのか?また、その後は?
など、この判断がとても重要になってきます。
その判断でクラブ選択が変わってくるからなのです。

グリーン迄何も障害物が無い時には、わざわざボールを上げて打つのではなく、ランニングアプローチの様に転がしてグリーンオンを目指すやり方もあります。
7番や6番などのクラブで打つ事で、ミスを最小限に抑えてグリーンを捉えられる事が出来ます!
上級者やプロの様にボールをピタッと止める事が出来る方が気持ち良く、しかもカッコいい!って思いますが、なかなか思い通りにはいかないです。
基本ゴルフは、ミスをどれだけ最小限に抑える事が出来るか出来無いか?のせめぎ合いです。
そこはしっかりと理解しておかなければなりません!

グリーンまでにバンカーやハザード(池)などの必ず越えなければならない障害物がある時には、クラブ選択を7割のスイングで届くクラブ選択をしましょう!
基本的なピッチ&ランになるのですが、目一杯の距離では、力んでしまってダフリやトップのミスが誘発してはいけません。
5割〜7割のスイング幅でアプローチ出来れば、力まずに気持ちよくスイング出来るでしょう!
練習場等で、この練習は必ずしておきましょう!
ボールはクラブが勝手に上げてくれます!下手に身体をスエーしたり、打ち上げる事を意識し過ぎて右肩が下がってしまったりしては、ダフってミスになりますので十分注意しましょう!
失敗をする事を恐れず、リラックスする事がとても重要です。
各所、グリップや下半身などの力がしっかりと伝わらなければならない所は入れておき、ただ単に力を抜くのでは無い事を理解しておきましょう!

ラフの状況ではグリーンを狙える事もあります!
先ほどの事とは真逆になりますが、もちろんラフの長さはしっかりと認識しないと駄目なのですが、全てラフに入ればフェアウェイに戻す様な事はしないで、ラフの状況判断をしてみましょう!
ラフでも短く、しかもボールが浮いている状況は、ボールが上がりやすく打つクラブとしては、少し番手を上げる必要があります。
または狙う距離を1.5倍にしてみるなど、少し手を加えなければなりません。
このボールが上がり易いは、利点はそのままボールが上がりやすいのですが、難点は飛距離の読み辛さなのです。
状況判断が上手く出来るのであれば、難点が利点に変わる事もありますので注意しておきましょう!

グリーン上のピン位置を理解しよう!

最後にグリーン上のアンジュレーションは、コースにもよりますがポテトチップスの様なグリーンをしているコースもあります。
その時には、ピン位置をしっかりと理解して、攻め方を変えます。
無理にグリーンオンを狙わず、一旦グリーン手前に落とす事で状況判断します。
その捨て1打をする事で、次のアプローチでピン側に付ける事が可能かもしれません。
そんな勿体ない事って思うかもしれませんが、ボールの位置からピンの所まで、とんでもないアンジュレーションになってしまうのであれば、あえてピンを狙わずに近くに落とす事で簡単なアプローチに変わると言う選択が取れます。
あくまでもこれは選択肢です、同じ様にすればスコアが凄く縮まるのか?または縮まらないのか?これは本当にその人それぞれの合う合わないにもよります。
ただし、この考え方はとても有効だと思います。
常にピンを狙うゴルフが全てではないと思うのです。
しかし、基本は常に付いて回るので、スイングの基本はしっかりとしておきましょう!
マスターオススメの基本はビジネスゾーンです。
この振り子運動はとても勉強になります!

皆様1度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする