ゴルフ アプローチを楽しもう! 状況判断がポイントになる!

以前にもお話し致しましたが、ゴルフをやる中でスコアを大きく左右するのが、グリーン周りと考えます。
もちろんドライバーのミス、ミドルアイアンのミスもスコアに繋がりますが、グリーン周りに関しては大きくスコアを崩してしまう要因となり、精神的にもダメージが大きく響く事と感じます。
だだ、ドライバーやミドルアイアンはフルショットでしようする事が多く、ミスの対策を講じるのが複雑なのは言う迄もありません。
しかし、グリーン周りではフルショットで打つ事はほとんどなく、スイングミスを極力少なく出来る部分でもあります。
つまりどの様な状況なのか?この判断でアプローチの失敗は大きく軽減されると思います。

スイングは一定のリズムで!

マスターがお勧めするアプローチの方法は、スイングリズムを一定にクラブを変えて距離を打ち分けるです。
他にも、1つのクラブで色々と振り幅等を変えて打ち分けるやり方もあると思いますが、どちらでもやり易い方法で構いません、どちらも正しいと思います、ただマスターは前者の方が練習でも色々と分りやすく、クラブが大きくなればそれだけ低く遠く迄飛ぶという事が理解出来ます。
そのようとに合った状況を理解し、クラブを使い分ける事でスコアアップに挑みましょう!

クラブの使い方は千差万別に!

今迄皆さんが使用してきたアプローチのクラブは、いわゆるウェッジと言われる物ですよね!?
今回ご紹介したいのが、まずは7番ぐらい迄のクラブを使用してアプローチに望むと言うものです!
7番からサンドウェッジ迄の6本を使用して、色々な状況に対応して参ります。
プロの様にスピンをキュキュって効かせたい!って思いますが、それはもっともっと実力がついてからで構いません。
それこそシングルになってからでも全く問題無いと思います。
今はあくまでも、スコアを少なくラウンドする事が1番の優先順位です。
目標をしっかりと設定し、達成出来るまで努力しましょう!
アプローチの状況判断
ではその状況判断についてです。
アプローチについてはこちらからどうぞ!
先ずはボールの状態です。
ラフにあるのか?フェアウェイなのか?逆目なのか?順目なのか?スタンスの状態は?
フェアウェイならば、1番何も気にしないで打てそうなのですが、スタンスの取り方が1番重要になると思います。
スタンスについての大まかな基本として
左足上がり ⇒ クローズスタンズからほぼスクエアスタンス(左に引っかかる事を計算しよう!)
左足下がり ⇒ オープンスタンス(右に行きやすい事を計算しよう!)
つま先下がり ⇒ スタンスは少し広く、腰の高さは変えないでスイング!
つま先上がり ⇒ クラブを少し短く持ち、番手は1番手上げて選択!
この4パターンを理解しておき、応用してください。
ラフでは芝目とボールの状態に注意しよう!
ラフで気になるのが芝目です。
初心者にはあまり良く分らないかもしれませんが、これは意識して見ておくと今後とても役に立ちます。
まずは芝にあるボールの状態ですが、浅いのか?深いのか?芝目(芝が伸びている方向)は順目なのか逆目なのか?
ラフでも浅めの順目であれば、通常通りで構いません!
素振りをしてみて、クラブヘッドの抜けが悪ければ、ラフに負けてしまうので少し強くグリップしましょう!
一方で逆目に関しては、クラブヘッドの抜けが悪いので、しっかりと強めのグリップでラフに負けない様にスイングします。
この芝の抵抗をまともに受けると、引っかかってしまって左に飛んでしまいますので、ヘッドの抜けを良くする為に少し左足を開いてオープンにオープンにして、スタンスを開いた分少しクラブフェースも開いてスイングしましょう!
また、スイングの振り幅も少し強くして、距離感を調整してみましょう!
30ヤードの距離ならば、40ヤードを狙うつもりでスイングすると言った様に少し強めの意識です。

フォロー迄しっかり振りましょう!

フェアウェイではフォロー迄上手く出来るのですが、深いラフ等はフォローをとらないでスイングを辞める方もいらっしゃいますが、スイングリズムを揃える為にも、しっかりと最後迄スイングしましょう!
その為には、手打ちではなく身体でしっかりとスイングしましょう!
またイメージ作りも大切です。
ピン迄に障害物があるので浮かして打つのか?また転がして寄せるのか?
始めに戻るのですが、その状況判断をする事でクラブ選択が生まれます。
どの状虚に1番適しているのか?
練習場でしっかりと練習を重ねて、ボールの飛距離や高低差を理解しておきましょう!
(ラフ等の練習は出来ませんので、あくまでも基本練習です)
練習場でのイメージをどれだけ再現出来るのか?
そこがポイントとなるでしょう!何となく良いイメージ湧きません?
その良いイメージが湧いてくる事が、結果にも繋がるのです!
良いイメージ = 右脳人間
右脳人間についてはこちらからどうぞ!

皆様1度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする