ゴルフ ゲーム感覚で楽しくアプローチをしてみよう!ゴルフは必ず上手くなる!

アプローチについては、色々と悩んだりあーでもないこーでもないと試行錯誤がございますが、なかなか思う通りにはいかないのが現実でございます。
初心者にとっては、アプローチの距離感であったり、振り幅等の理解に関しては少し難しい事とは思いますが、いずれは通らなくてはならない道です、そうであるならば早くから取り組む事に異議はありません。

アプローチの距離感を養おう!

アプローチの距離感を養う為に大切な事として、スイングリズムを一定に保つ事が大切です。
スイングのリズムは、スイングが大きくても、小さくても同じリズムでスイングする事です。
スイングリズムが安定して出来てくれば、距離感はきっちりと分ってくる事でしょう!
次に覚えたい事が、振り幅の確認です。
練習場で20ヤードや30ヤードの看板にめがけて、どの程度の振り幅で到達するのかを検証します。
その振り幅を覚えて、先ほど練習した内容に合わせていきます。
順序は逆でも構いません。
振り幅の確認をしてから、スイングリズムのドリルを練習して頂いても構いません。
必ず練習の中に組み込んでください。
普段の練習の合間に、短いアプローチの練習をすると言うのです。
到達距離はキャリーで構いません。
ランはクラブによって変わりますので、実践で覚えていく事が大切になりますが、スイングがしっかりと出来ていない事には、本番での距離感はあまり信用性が無くなります。
実践で距離感を養う為にも、ご自身でしっかりとスイングを理解しておきましょう!

距離感はゲーム感覚で覚える方が簡単!

ヤード看板迄の距離感をゲーム感覚で練習すると覚えるのも比較的簡単です。
ご自身、または友人とご一緒にヤード看板にどれだけ安定してボールを打てるか?
何球で看板に当てれるのか?など、楽しみながら練習をしてみましょう!
その為にも、しっかりと振り幅を確立する事が大切です!
振り幅の練習にはビジネスゾーンがオススメです!
ビジネスゾーンでしっかりとスイングを理解しておきましょう!
しっかりとスイングが出来る事、そうなる事でボールに対して確実にヒットを重ね、ミート率アップにも繋げていきます!

次にお勧めしたいのが、今度はヤード看板迄少しずつ近づけながら打ち分けるです!
これは、30ヤードの看板迄到達する迄に何球か使用して、始めは5ヤード、10ヤード、15ヤード、20ヤードと分けながら狙います。
もちろん前に打った打球よりショートしては駄目です。(ショートしたら位置からやり直しです)
これを続ける事で、難しいながら楽しく非常に良い練習になると思います。
先ほども申しましたが、しっかりとした基本のスイングを練習してからトライしましょう!
基本が出来ていなければ、どれだけ練習をしても間違った事が身に付いては駄目ですので、気をつけておきましょう!

ティーアップしてアプローチの練習!

アプローチは地面から直接打つので、どうしても練習ではマットの上から打つ事が重要と思って、その様にされている方が多いと思いますが、ミート率を上げる為には逆にティーアップする方が効果的なのです。
低めにティーアップする事で、ダウンブローにしっかりと打てているか確認してみましょう!
ティーを高くすると逆に難しく感じてしまうので、ティーを低く設定して本番と変わらない感覚で打るので、本番と相違ない環境に近づけることで違和感が薄くなる事と思います。
ポイントはしっかりと当てる事に集中しましょう!

次のステップとして、片手でのアプローチ練習です。
フルスイングでのアプローチはほとんどないと思っても過言ではございません。
自分の手の様に打てる感覚が出来れば最高です!
その為には、右手左手のどちらか1つずつでの練習です。
思い通りにクラブをスイングする為の練習にもなりますね!
ここでの注意点としまして、片手でのスイングは思っている以上に難しいと思います。
しっかりとクラブヘッドの重みを感じながら、少し身体を使ってスイングしましょう!
決して腕だけでスイングをしない様にしましょう!

しっかりとスイングしなければ!って思い過ぎて無駄に力が入ると、逆にスイングはバラついてしまうので、飛距離は関係ないのでヒットする事を重点的に感じましょう!
ビジネスゾーンでも少し紹介しておりますが、片手のスイングでも振り子で試してみてください。
ご自身が軸となり、ヘッドの重みを感じてスイングしてみましょう!
フォロースルーでは、またヘッドの重みを感じてテイクバックして、ダウンスイングと言った感じに、反復練習してみましょう!

グリーン周りやカップ迄の短い距離で、どれだけ少ない打数で上がれるのか!?
ここが非常に重要となる部分です!
地味な練習を、ゲーム感覚にする事で楽しみながら上達しましょう!

皆様1度お試しあれ〜

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする