ゴルフ アプローチの基本を知ろう!失敗しないアプローチが打てる様に!

基本のアプローチショットとは?

アプローチショットとは、グリーンの付近よりピンフラッグを狙って打つ、短い距離のゴルフスイングです。
アプローチショットに求められる物は、ボールの方向性と飛距離の正確性です!
今回は、失敗の起りにくいアプローチショットのドリルをご紹介し、苦手な方にも少しの練習期間で克服出来る様にご説明させて頂きます。

アプローチショットの理論を考えてみましょう!

失敗しない為のアプローチショットでは、失敗しない為の考え方という鵜物があります。
・ゴルフスイングの動作とは、どの様なゴルフクラブであっても同じ動きであります。
・ゴルフスインングでは、極力腕や手を使用しない様にしましょう!
・ボールの軌道は、クラブフェースの角度とスイングの大きさによって変わります。
結果、腕や手首など、または肩関節を動かさないで、体の回転のみでスイングを行ないます。
またボールの打ち出し角は、クラブのロフト角によって変わるので、ご自身で余計な事を極力しない様にしましょう!
ボールを高く上げたいと思っても、クラブのロフトでボールを上げるので、いつでもスイング一定にする事が重要です。

以上の事から、アプローチでは体とクラブは同調してスイングし、距離と高さはクラブの番手で変化させようというのです。
高く上げる為にはサンドウェッジが必要ですし、あまり上げないでランにグアプローチのイメージならば、8番や7番と言った所になるでしょうか?
しかし、あまり使わないクラブで打つよりは、練習場で1番使うクラブを選択する事をお奨め致します。
しかし、8番くらい迄は練習場でしっかり距離感と高さは知っておいて問題無いでしょう!

皆様1度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする