ゴルフ ショットメーカーになろう!8番以下のクラブをとことん練習しましょう!

ショットメーカーって言葉をご存知ですか?
過去の方で有名なのが、ベン・ホーガン選手やリー・トレビノ選手などです。
最近では、タイガー・ウッズ選手も凄いですが、ドライバーのミスが多様にありましたので、ショットメーカーとは名称しづらい部分はあります。
まさにショットメーカーとは、フルショットでの安定感が大切なのです!
アマチュアにそこ迄のクオリティーを求めていては、プロと変わりませんので今回は8番以下のクラブに絞っていきましょう!

8番以下とは、2打目、3打目に使用する事が多いクラブです。
このクラブを使いこなす事で、スコアアップに大きくつながる事でしょう!
むしろこれが出来れば、スコアは見る見るうちにおくなると思います。

特にここではミート率について着目したいと思います。
ミート率を上げる練習をするのです。
短いクラブで、腰から腰迄のビジネスゾーンの練習をする事が上達の近道です!
かなり地味な練習ですので、爽快感は全くございません。
しかし、地味な練習を続ける事が、その先に見える1番望む結果が待っているのです!
ビジネスゾーンについて・・・

このビジネスゾーンを取得する事は、スコアだけでなく様々な利点があるのです。
・ミート率の向上
・距離感
・スイングの基本

つまりミスをしたり、スランプになったりとした時にはここに戻れば良いという事なのです。
とても分りやすく、簡潔な事だと思います。

またこのビジネスゾーンの練習は、いつでもどこでも出来るというう事なのです。
たとえクラブが無くても、ボールが無くても、振り子運動の様にスイング練習をするのです。
イメージの練習にもなります!

パターに着替えても同じです。
振り幅は違いますが、同じスイングを続けて何度かする事が重要です。
もちろんパッティングに関しては、ボールの転がりであったり、距離感であったり求める部分は違います。
しかし、振り子に関しては同じなのです。

ビジネスゾーンでは腰から腰ですが、パターではつま先からつま先、または右足内側から左足内側までなど振り幅は様々です。
しかし、全ての基本となる振り子練習はこれ以上無い基本中の基本となります。
振り子練習でショットメーカーを目指しましょう!
寄せワンが出来ればスコアも良くなります!

皆様1度お試し下さい

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする