ゴルフ スコアを知る事で、弱点を見つけよう!スタートと上がり3ホールに注目しよう!

ゴルフは最後の最後、カップにボールが入る迄何が起るか分りません。
2008年不動裕理選手が、最終ホール何でも無いショートパットを外し、古閑美保選手が賞金女王になった事があるのをご存知でしょうか?
2000年から2005年まで6年連続賞金女王に輝いた不動裕理選手が、本当に約50センチ程のパットを外したのです。
本当にゴルフとは何が起るか分りません。

スタートと上がりのホール

我々アマチュアも同じです!
我々アマチュアは、準備不足のスタート3ホール、ハーフ上がりの3ホール、昼食後のスタート3ホール、後半上がりの3ホールが本当に苦難致します。
各1、2ホールかもしれません。
しかし、どれも同じくミスが大きくなります。
スタートでは、体が上手く動けない、前半の上がりではスタートのミスを中盤で取り戻して、少し気が緩んでしまうのかミスが連発なんて事もあります。
全ての3ホール迄はいかなくても、ミスが続くなんてのは良く耳にします。

ミスが連続して起らない為にも、集中力は欠かさずに!

集中したらどうのこうのなる?って思いますがなるのです!
もちろん、レベルに合わせる事は言う迄もございません。
集中力を絶やさない為にも、水分補給や栄養補給はしっかり致しましょう!
朝一のティーショットでは、練習場に行って少し打てる方は必ず行ない、出来ない方はしっかりと準備運動及びストレッチをきちんとしておく事です。
昼食では、出来るだけお酒類を控える様にしましょう!
接待ゴルフ等ではなかなか難しいと思いますが、その時にはスコアは気にしないで、練習のつもりでラウンドしましょう!
食べ過ぎにも注意しましょう!
お腹がいっぱいだと体も動きづらいと思います。
以前ツアープロの方とプライベートラウンドした事がありますが、もちろんジュースを飲んでおられました。
試合等では休憩は無いので、18ホールスルーラウンドですので、昼食をとる事自体珍しいでしょうね。
前半後半どちらも上がり3ホールで注意したいのが、栄養補給と水分補給です。
比較的水分補給は取られると思いますが、軽い食事は忘れる事も多く、昼ご飯に合わせて我慢される事もあると思います。
しかし、それが思わぬ落とし穴になるというのです。
朝食もそこそこにして、4〜5ホール終了時に栄養補助食品を食べる事をオススメ致します。
ここぞって時に、必ず威力を発揮してくれるでしょう!

皆様1度お試しあれ!

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする