ゴルフ 全ての始まりはバックスイングが起点となる、始まりが上手くいかなければフィニッシュまで上手くいかない!

スイングの始まりは、バックスイングが機転となる事は皆様もご存知な事ですが、何をどうすれば「良いバックスイング」が生まれるのか?をお話ししたいと思います。

バックスイングでの思考

まずは、スイングを始めるに当たり、どう考えながらバックスイングされていますか?

クラブの上げる場所ですか?
ヘッドを真っすぐ引き上げる様にですか?
それとも、右脇を開けずに体軸の捻転を気になさっていますか?
人それぞれ、色々悩んだり考えたりしながら、スイングの事だけでなく、様々なプレッシャーも沢山あると思います。
しかし、迷うとブレが生じますので、基本的にはアドレスに入る前だけで終わらせましょう!!
決めたら、失敗を恐れずスイングするのみです!
結果は、その都度修正して行けば良いので、迷わない事が一番です!!
コースでは特に、集中力が高まり迷いがちになるかもしれませんが、アドレスに入る直前に決めたら、それをやり抜きましょう〜
中途半端は駄目です!
これを練習で、きちっと本番さながら(ルーティーンを使用)に対応しておれば、コースでもやり易くなると思います!

アドレスチェックは大切です!!

アドレスの確認について
こちらからどうぞ
練習では本番の様に、コースでは練習場の様にを意識してやってみてください
実際は、「コースで練習場の様になんて出来ないよ!!」って思うのが当たり前です!
アドレスでのフラットなんて、ティーグラウンドのみです。

傾斜の悪い場所でのスイングは、背骨の意識と膝の柔軟が大切です

傾斜の悪い場所でのスイングは、背骨の意識と膝の柔軟が大切です
傾斜地でのアドレスについてはこちら
しかし、気持ちは違います、気持ちがしっかり出来ていれば、状況も変わると思います!
以前にも話ししましたが、ゴルフとは「静から動」のスポーツです。
どうしても、「静」の時に考えてしまいます。
これを打破する為に、練習では本番さながらを推奨します。
失敗はつきものです、そのリカバリーをきっちりすれば、大きくは崩れないはず!!
何事も一朝一夕では、対応出来ません。
練習を繰り返し、身体で覚える事で、どこのコースに行かれても、対応出来ると言うものです!
逆に、練習を疎かにすると、実を結ぶ事は一切無いでしょう!
継続は力です、諦めずやり続ける事で、結果は出ます!

皆様も一度お試しあれ〜

ではでは〜

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする