ゴルフが上手な方は、仕事も上手な人が多い?何事もマネジメント力を鍛えよう!

「仕事が出来る人は、ゴルフも上手である」または「ゴルフが上手な人は仕事も出来る」

こんな事があるそうです
まぁ全ての方に当てはまりはしないのですが、仕事が上手くいく時ってのはどういう事なのか?
仲間や、タイミング、運?様々な状況はあるとは思いますが、それら総合的な部分野中で、これは必要不可欠であると言うか、基礎と言える部分ですね〜

「前準備」です

これが出来ていれば、仕事ははかどりませんか?
ゴルフにも打つ前に準備があります!
仕事もゴルフも事前の準備が大切であると言う事です!!

この事前準備を今回はご紹介致します。

コースでは、ティーショットを打つ前にはどの様な順番で打ちますか?

①ティーをさして、ボールをセット
②ボール後方に立ち打ち出す方向を確認、イメージをしながら素振り
③打ちたい方向にクラブを合わせながらクラブをセット
④クラブに合わせてアドレスをとって、集中力を高める
⑤自分のタイミングでスイング
⑥飛んだボールをみて一喜一憂

多くの方々はこの様な感じで打たれると思います。

2打目以降は、ティーを挿すか挿さないかの違いだけですよね?

しかし、多くの方はこれを練習場でなさいますか?

自動で出てくる玉や、またはご自身でセットする、打った方向のみの確認でそれ以外はあまり重要視しないですよね?

なぜそこ迄しなければならないの?って思われるかもしれませんが、なぜならば、ゴルフと言うスポーツが「能動的」なスポーツだからです。

「受動的」なスポーツは、考えている暇がないので瞬時に動く為の練習を重ねます。
ゴルフは動いてない時、つまり静止する時間があるので、その瞬間に色々考えすぎてしまい、パニックになる事があります。

そう言った時の為に「ルーティーン」と言うものがあります。

プロゴルファーは必ずやります。

一つの精神安定剤ですね〜

しかし、練習場で100球も200球もルーティーンしながら打てません。
なので、練習最後の18球は必ずルーティーンを入れながら打ってみてください。
なぜ、18球なのかと思いますと、コースと同じ数です。
コースに出てるつもりでトライしてみてください。

コースマネジメントについて

こちらからどうぞ

皆様も知らず知らずにルーティーンを行なっております。
朝起きてからの行動や、仕事を始める前等、ご自身の何かを始める為のキッカケみたいな物ですね!
そのルーティーンが崩れると、何かしら違和感を感じずにはいられない事はないでしょうか?

基本的な流れが自然と出来上がっているのですね!
それをゴルフでもいつも同じ様に、同じスタンスで行なう為のおまじないですね!
ご自身に合ったルーティーン見つけておられますか?

皆様1度お試し下さい

ではでは〜

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする