ゴルフ初心者のチーピン徹底対策案は、基本を見直せば見えてくる!?

稀に発生してしまう、ゴルフの悩みの1つ

「チーピン」です

なんですかね〜

まぁスライスよりはまだ、改善し易く対応し易いので深刻にはなっておりませんが、しかしながら今回対策を検討しますね〜

まずは、重要な2点のポイントを重要点として、まず初めに対応してみてください!

・切り返しから、ダウンスイングに入り、インパクトで素早く振る!

・スタンスをオープンにして、スタンスなりの軌道でスイングする

この2つで大体解消出来るのではないでしょうか?

アドレスの体重配分はほぼ均等にとれているか確認出来る方法は?

アドレスの体重配分はほぼ均等にとれているか確認出来る方法は?
体重配分を確認する事も大切です!こちらからどうぞ!

ちなみに、チーピンが良く出る方は、左に打ち出そうとしている事がかなり多く、そう思われてないかもしれませんが、実際多くの方が落ち入っておられる様です。
左がイヤだから、左を恐れて右を向きすぎると、又同じ様にドロー回転がキツく入ってしまい、駄目なスパイラルに落ち入る事になりますのでお気をつけ下さいね〜
ちなみに、マスターはドライバーでは今の所、インサイドインでドローを考えながら、コースマネジメント行なっております。

ゴルフコースに最適なコースマネジメントのやり方とは?

ゴルフコースに最適なコースマネジメントのやり方とは?
コースマネジメントはこちらもどうぞ

過去に、ゴルフラウンド中にチーピン病が発生!!
その時のキャディさんが、「行って欲しくないと思う方に、思い切り振り抜いてください!」と言われ、実践してみると、あれれ?何故だか、真っすぐ行くのですね〜

実際この時は、左を怖がり過ぎていただけで、アドレスの方向が悪くしかも右足に体重が残っていたと言う、強烈なチーピン病になっていたのです。
まぁ、すんなり治ったので良かったのですが、あの時のキャディさんに感謝です!

他には、上体が突っ込み過ぎてクラブが寝て入ってきてしまっている事も考えれます。
打ち急ぎが原因かもしれませんね〜
ちょっとしたミスの取り戻しは、思っている以上に難しいものです。
極力ミスは起こさない様にしましょう!!

ではでは〜

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする