フジサンケイレディスクラシック in 川奈ゴルフコース富士コース 今年の優勝は!?

今回で34回目を迎えるフジサンケイレディスです
川奈ゴルフコース富士コースになってから、昨年迄の9回で5人の初優勝者を出した、
初優勝が出やすい大会としても有名です!

さて今回は、マスターの注目選手はイ・ボミ選手ですが、どうだったのでしょう!?

やはり、初優勝が多い大会でもある様に、初日から新人の松森彩夏選手が、
怒濤にバーディラッシュで5アンダーで、自身初の単独首位発進となった!
難コースをものともせず、ショットが冴え渡っておりました。

川奈はジュニアの頃からマンデートーナメントに参加しており、
初めてマンデーを通過したのも川奈と、良いイメージのままラウンド出来た様子で、
本人も若干20歳ながら、先週までのショットの不安定を修正し、
今週の川奈に乗り込んで参りました!

初日、2アンダーの一ノ瀬優希が2日目に大爆発
5アンダーノーボギーのラウンドで、トータル7アンダーとし、
単独首位になりました。
更に8バーディ2ボギーで回った金・ナリも猛チャージ!
トータル5アンダーとし、単独の2位に躍り出た。

3位タイは、原江里菜、表純子、藤田光里、金井智子、松森彩夏の5人
初日トップの松森選手は、伸ばせず1つ落としてトータル4アンダーにとどまり、
原選手は、15番迄ノーボギーでのラウンドでしたが、
それから2ボギーと今ひとつ掴めなかった感じがする。

その中でも気になったのが藤田選手と金井選手です!
松森選手同様、藤田選手、金井選手も勝てば初優勝です!
初優勝者が上位に3人も入るとは、やはりジンクスは生きているのか?
って感じてしまうマスターでした!

マスターのオススメイ・ボミ選手は初日2オーバーと出遅れたが、
二日目に4アンダーでラウンド、トータル2アンダーとし、
39位タイから9位タイ迄まで上がって、最終日に望みを繋げました!

最終日、最終組が17番を回った段階で、なんと首位の6アンダーが6人です。
解説者の戸張さんも、こんな事は初めてです!って解説されてました。
最終組の一ノ瀬選手、金・ナリ選手、藤田選手の3人の誰かが決めないと、
6人でのプレーオフで優勝者が決まると言う、非常に珍しい状態になりました。

最終18番、ピンは右のカラーから2ヤード程度とギリギリで、
かなり厳しいポジションにセッティングされています。
セカンドショットまずは金選手がグリーン奥に少しこぼれ、
次に、一ノ瀬選手がグリーンセンター奥に付けた。
最後に藤田選手は、果敢にピンを狙い、右カラーにこぼれた。

この状況から、一ノ瀬選手と、金選手はプレーオフを過っていたかもしれません。
何故なら、安全な所に置きにいっているからです。
その後、金選手、一ノ瀬選手はバーディーは取れませんでした。
最後に藤田選手がカラーからパターでねじ込み、念願の初優勝となりました!!

セカンドショットの気持ちが、川奈の勝利の女神を振り向かせたのだと思います。
本来ならば、果敢に攻めてバーディーを取りにいくはずですが、
厳しいピンの位置に、失敗を恐れたのだと思います。
しかし、若手の藤田選手は、恐れる事無く攻めた結果が良かったと言う訳です。
攻める勇気があるからこそ、初優勝を呼んでいるのかもしれません。

マスターのオススメイ・ボミ選手は、ちょっとした珍事件の快挙!
なんと、ツアー4試合連続2位フィニッシュ!!
3週連続は、福嶋晃子せんしゅや大山志保選手らが出していましたが、
4週は初めてです。本人も自覚しており、次の優勝に向けて課題も見つかり、
次回は、今季の初優勝に向けて頑張って欲しいです!

さて次は、サイバーエージェントレディス 鶴舞カントリー西コースにて開催

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする