スイングレッスン インパクトでアドレスの再現性を求める事が大切!簡単なコツをご紹介します!

レッスンを受けていますと、インパクトの状態は「アドレスの再現性です
この様に言われた事ありませんか?
マスターは何度かあります。
アドレスの再現性が、綺麗なスイングプレーンになり、真っすぐに打ち出せると言うのです。
しかし、言葉では簡単ですが、身体を動かしている中で本当にその様な事が出来るのか?

アドレスのチェックについてはこちら

アドレスの再現性について
こちらからどうぞ
スイングの確認方法は色々とありますが、人それぞれ違うのは当たりまえ、宮里藍プロの太極拳スイングはなかなか面白いですよ!
ゆっくりスイングをしている時には、ご自身のスイングについてのについてのミスや、しっかり捻転出来ているか?逆に不自然な流れ等、良い所も悪い所も色々見えてきます。
宮里藍選手も一振りに2〜3分かけてスイングの確認を行なうそうです。

宮里藍プロ 太極拳スイング


お借りしました
こちらからどうぞ

スローモーション?って思う程ゆっくりですね!
実は、体幹も鍛えれたりするのです!
このゆっくりとしたスイングは、体幹がしっかりしていなければ、これほどゆっくりスイング出来ないと思います。
また、これが出来る様になる事が体幹トレーニングにもなりますね。

体幹トレーニングとは?

体幹トレーニングを鍛えよう!
こちらを参照下さい

体幹を鍛えるとゴルフだけではなく、基礎代謝が上がるのでダイエットに効果有りです!
また、体幹は「インナーマッスル」とも呼ばれ、筋力トレーニングで鍛える物ではなく、むしろ、軽い負荷でトレーニングを行ないます。
ですから、こんなので鍛えれるの?って感じますが、大丈夫です!
このインナーマッスルは持久力に優れ、怪我のしにくい身体にもしてくれます。
関節に付いている筋肉ですから、関節可動域も広がり飛距離アップにも期待出来ます。

こちらもご参照下さい

ゴルフ練習は場所、時間を選ばず、いつでもどこでも出来ます!
年齢に負けない身体作りをして、他のメンバーを圧倒しましょう!

アドレスの向きが本当にきっちり出来ているか?この確認方法のご紹介です。
練習場で、普段コースで行なうルーティーンのままアドレスを行なってください。
その際に、クラブで腰にシャフトを平行に当てて、真っすぐ向いているか確認し、次に、膝にシャフトを当てて方向を確認してください。
最後に両足つま先の飛球線方向と平行にシャフトを置いてください。
そして、一度ボールの後ろからそのシャフトを確認してください、ターゲットに真っすぐ向かっていますか?
きっちり方向が合っていれば、アドレスは問題無し!
ズレていれば、アドレスがきっちり出来ていないと言う訳です。

こちらもどうぞ

アドレスの見直しをする事で、自分の打ち出す方向性を明確にしましょう!

実際、アドレスも完璧、スイングも完璧なのであれば、思い通りのボールが出るはず!
なのですが、そこは人間のする事です、思い通りにいきません、また、少しのミスヒットが大きなミスになる事も十分考えれます。
ショットメイクをするには?精度を上げるには?等と考えますよね?
それにヒットする瞬間は、ヘッドはどのようにボールに対してコンタクトしているか?
インパクト直前から、真っすぐ飛球線に向かってヘッドを出しているのか?
20100513082524e2e
画像を確認して頂ければ分りますが、ヘッドが開閉していますよね?
CAF1A4DFB9FEA4E0A5A2A5A4A5A2A5F3
この開閉する事でボールのインパクトを感じれるのですね!
包み込む様にボールに対してコンタクトしているのです!

アイアンの精度アップについて

アイアンショットの精度を上げるには?
こちらからどうぞ

マスターも初めは真っすぐ飛球線に向かって、打ち出すと思っていました。
そちらの方が理にかなっていましたし、分りやすかったです。
しかし、この包み込む打ち方が、本当に打ち方だと理解するには、少しの知識と経験が必要にります。それでないと、腕の使い方が分らないのです。

皆様も1度お試しあれ〜

ではでは

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする