ビジネスゾーン 地道な練習を重ねよう!腰から腰迄の振り子 基本練習! ハーフ スイング

今回は、皆さんはゴルフのビジネスゾーンってご存知ですか?
ビジネスゾーンとはスイングゾーンの事を指しており、その部分がきっちり出来れば、「プロで仕事が出来る」という意味です。
このビジネスゾーン気になりますよね?
実は、少ない練習時間で、これを続けていれば、本当に100切りも出来るそうです!!

時間に余裕がない方には、オススメ!腰から腰までドリル

毎日練習なんて無理ですし、そんな余裕ある方であれば、満足いく対策をたてれます
それが出来ないからこそ、皆さんが自問自答してるのですよね〜
それにゴルフ教材が大量にあり、どれをお手本にして良いのか?またどれも言い方が違う(目的は同じなのですがね)
この様に、多種多様にあるので迷走してしまう事もあるのですね〜
しかも、「これだ!」って思っても、価格が高いなどなど問題は尽きません。
この様な事柄が多々ある中で、このビジネスゾーンの練習が、短期間でしかも経済的にも少なく済むので
理想の練習方法だと思います!!
その練習方法とは・・・

お借りしました画像をご覧ください

赤く塗りつぶしている腰から腰までの部分を徹底的にスイングして練習する!!
この部分をしっかりする事で、今後のゴルフ人生がガラッと変わる様です!
マスターも早速取り入れ、頑張っております!!
初めはウェッジから行いましょう!

練習は決まったクラブで行おう!

まずは基本をきっちり身に付ける所を重視しましょう!
基本のビジネスゾーンで、スイング中の腕のローテーションの基本も同じく練習する為に、コックを入れそれをキープしながらスイングする!を意識するという事です。
コックを入れたままフォローまでを意識する事で、力強い球が出る事にも繋がるので、是非トライしてみましょう!
皆さんも、ビジネスゾーンを練習してみませんか?

ビジネスゾーンの練習方法ってどんなのがあるの?

上記で軽くご説明しましたが、腰から腰までを振り子のようにひたすら練習するだけです。
それをただひたすら続けるしかありません。
ボールの有る無しは関係ありません、素振りでも構いません!
みなさんもがんばって練習しましょう。
それなら寝る前にでも少し時間があるときに練習できそうですね。


どこでも練習は可能です!

振り子練習はこちらにも記載しております。
ビジネスゾーンは振り子練習 テレビを見る時 寝る前 電車を待つ時にでも練習可能
こちらの記事も確認してみてくださいね。

先日、あるゴルフ番組でも腰から腰迄の振り幅で、同じスピード同じ振り幅を基本としてスイングする事が大切と紹介されていました。
そこでは、3段階に設定されていました。
1 7時から5時
2 8時から4時
3 9時から3時

上記の3種類で、テイクバックもフォローも振り子の様にしましょうでした。
まさに、ビジネスゾーンの練習が基本となりますね!

迷ったときこそ基本は最大の武器

どんなスポーツも、基本は大切な事はご存知ですよね?
基本が分らないと、スランプになったり、調子が落ちた時になかなか戻ることが出来ません。
簡単に例えてご説明致しますと、自分の家から旅に出ます。
いろんなルートを使って、目標に向かって進んで行きます。
当然、目標を決めないで旅に出たりは致しませんよね?
その目標に向かって、どのルートが良いのか?色々な人に聞きながら、ご自身で、試してみたり、様々な経験から目標迄努力致します。
ただ、そのルートは全て簡単ではありません、道に迷う事もあります。
迷った時には、1度降り出しに戻る事も必要と思いますが、その基本となる、自分の家が分らなければ、帰れませんよね?
また、自分の家に帰る事で、何故駄目だったのか?自分に問いかける事も、見つめ直す事も可能となります。
この事から、基本の重要性がお分かりなると思いますが、では、何が基本になるのか?冒頭でお話ししている事が基本とマスターは思いますが、
当然、人それぞれ価値観が違いますので、ご自身の基本を見つけられる事も大切です。
あくまでビジネスゾーンにこだわる必要は無いと思います。
それに変わる基本を見つける事が、ご自身に合うかもしれません。
形は違えど、やはり誰もが口にするのは、腰から腰までのハーフスイングです。
それ以下の振り幅がとても大切なのです。
ある意味復調のためにある、ルーティーンの一環だと思っています。

決まった段取りで臨もう!

ルーティーンについて
こちらからどうぞ
ゴルフをやっていると、本当に少しの事で、大きく状況が変わるのだなって感じます。
アドレスや、パターの打ち出し角、スイングのタイミング等、本当に繊細なスポーツだと認識します。
その難しさの中だからこそ、自分の掲げる目標に達成する快感は計り知れません。
だからこそ、皆様もゴルフの楽しさや、難しさに何かを見つけられるのですね!

目標を掲げ、努力しよう!

目標がなければ、意欲も湧かないし意識も低くなると思います。
あまり高い目標も必要ないのですが、ある程度ご自身にあったレベルで目標設定されることをお勧めいたします。
120を切る100を切るなど、ひとそれぞれレベルの違いで、できる事は違えどもその思いは変わりません。
本当に上手くなりたいという気持ちがあれば、必ず上達するでしょう!
それはあくまでも強い思いと行動は比例するからなのです。
何事でも同じと思いますが、適当にやっていても結果はついてこないと思います。
その事に真摯に向き合い、やり抜く事で結果はついて来るのです。
時間はかかるが、結果には必ずついて来るその思いの強さを、継続する事が一番の成長の糧かもしれませんね!?
好きこそ物の上手なれ
この言葉お聞きになられた事ありませんか?
好きな事はどんな事でもやりきり、目覚ましい成長になるという昔の言葉です。

想いは必ず成就される

ゴルフに対する探求心を無くすと何も残りませんが、少しでもゴルフの事を考え接する事で、たとえクラブを持たなくても、イメージする事だけでも大切と思います。
「必ず毎日パッティングしなければならない!」など、課題と言いますか自分への一日のルーティーンに入れれるのであれば、最高だと思いますが無理な事の方が多いと考えます。
しかし、先ほども申しましたが、出来ないから辞めようは最後の最後です。
クラブを振れなくても、イメージトレーニングでも構いません。
何かしらゴルフに携われれば、その思いは道となり繋がると言う訳です!
マスターも数年前にある方から、ダウンスイングの腕の下ろし方の話しをしていて、何故そこに腕を下ろしてくるのか?意味が分かりませんでした。
そんなとこに下ろしたら、ボールのインパクトで掬い上げになってしまう?等を思って、あまり意識していないで、軽く聞き逃して意識しませんでした。
それが、気づいたのです!
あ、あれの事か!?ってな具合にひらめきました!!
その時まで分ってなかった事に気づいたのですが、それ以上に理解できた事、繋がったその事が本当に嬉しかったのです。
当然、それは進歩になります、修正は少しの事ですが、結果は大きな物と感じます。
納得して出来ると言う事ですね!

どんな目標にも決まった練習が必要

目標設定されて、その目標に向けどのようなプロセスを描くのか?
例えばアベレージゴルファーが「1年後にアマチュア大会に出場したい」という目標を掲げたとして、どういった練習が必要となるのか?
まずはドライバー飛距離は平均270ヤード
OBしないは基本として起きたいです。
ショットは置いといて、アプローチとパッティングのレベルアップです!
コースをラウンドする上でのマナーとルールも覚えておかなければなりませんね!
では来年7月に出場ということで、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、9ヶ月後、直前と細分化してその期間での達成目標を掲げ、目標に近づけるようにしましょう!
練習場に行けない時には、必ず自宅での練習を続け、気持ちを決して折れないようにしておきます!
もちろん出る限りは、同伴者の迷惑にならない様にしっかりと知識も覚えておきましょう。

高い目標で、向上心を掻き立てよう!

ご自身ではなかなか大変だな?って感じるほどの目標設定をされる事もアリと思います。
先ほども例としてあげた、大会参加の事についても同じです。
まさか大会なんて!?って思いますよね?
しかし一度出てみると、その緊張感であったり周りの方との熾烈な争いであったりと、普段のゴルフでは味わえないものが感じれます。
何かしら目標を立てて、ゴルフを楽しめれば尚良しと思います。
何に対してでも同じと思いますが、目標が無い事はとてもわかりにくいと思うのです。
例えば、どこへ行きたいのか?何になりたいのか?など、ゴルフで言えばどうなりたいのか?
本当に目標が無いって、不透明でわかりにくいですよね?
手短なことでいいと思いますので、必ず目標設定をして練習に励みましょう!

ゴルフに失敗はつきもの、常にビジネスゾーンを忘れずに

調子が悪くなったり、ふとした時にリズムがおかしくなる様な事ありませんか?
そんな時には、このビジネスゾーンを思い出し、スイングを呼び戻しましょう!
例えばティーショットなので、一度ビジネスゾーンの素振りをして、リズム感を蘇らせます。
ご自身の番になった時に、打ち出したい方向、落としたい位置、それを強く意識しながら素振りをするのです。
そしてその素振りのイメージをしっかりと周りの同伴者に見せつけて、心の中で「私は今のスイングを見せつけるのだ!」って思いながら打ちます!
ほんと子供だましみたいな事なのですが、これが結構いいのです!
これも練習場から行ってみてください!きっと思い通りのボールが出るようになります!

基本の中にも基本を作ろう!

腰から腰までのビジネスゾーンなのですが、その中にもスイングの基本を詰め込みましょう!
ハーフスイングでもフルスイングでも、腕の使い方、手の使い方、下半身の使い方などは、使う大きさは違えど同じ動きには違いありません。
左手は体の近くを通り、縦に下ろしてこなければなりませんし、クラブヘッドが垂れないように右手でしっかりと持ち上げてこなければなりません。
これはハーフスイングでも、何も変わりません。
縦に下ろすスイングについてはこちらからどうぞ!
しっかりとしたスイングの基本を意識し、それをビジネスゾーンに乗せて運用することで、さらなるレベルアップと基本の大切さも強くなるでしょう!

グリップの位置に気をつけよう!

ビジネスゾーンのスイングは、アプローチ同様にグリップの位置に気をつけて、テイクバック〜インパクト〜フォローとスイングして行かなければなりません。
20160302193114
お借りしました
③の画像をみてください
ビジネスゾーンではここまでがテイクバックにあたりますが、クラブヘッドはグリップより後方から見ると飛球線より外側にあります。
それでスクエアなのです。
これは多くの初心者が陥りやすいのですが、インに引きすぎてしまう傾向にあるのです。
インに引きすぎているということは、手元つまりグリップが身体から離れていることになります。
しっかりと手元を意識してテイクバックしてみてください。
ハーフウェアバックでは、写真のようになっているはずです!
テイクバックからインパクトそしてフォローと手元の意識をしっかりと持って、クラブが寝たりしないように気をつけましょう!
クラブをスクエアにテイクバックするちょっとしたコツとして、左腕を押し込んでクラブヘッドを上げるイメージを持つことです。
いわゆるコックを入れるという感じですね!
コックを入れるとクラブヘッドが上がります、これでスクエアにクラブを振り上げれます。
またクラブの使い方は、縦に使わなければなりません。
スクエア=縦に使えているということです

動画で確認、ハーフスイングの重要性

岩本肇プロも腰から腰までのハーフスイング、つまりビジネスゾーンが重要であると説明されています。
またこの動画では、クラブの使い方も説明してくれています。
クラブは縦に使う意味を、丁寧に伝えてくれていますね!
実は岩本肇プロは、友人でレッスンもして頂いているのですが、とてもわかりやすく熱心に説明していただけるコーチです。
岩本プロのブログにもとても内容の詰まった記事がありますね!
岩本肇ブログこちらからどうぞ!

スイング軸を感じてみよう

バランスが崩れたスイングは、決してまともにボールが飛んで行く事はありません。
もしナイスショットがでても、それはたまたまの産物でしかありえません。
ですのでしっかりとしたスイング軸を感じながら、テイクバック〜インパクト〜フォロースイングといった流れになる様にしましょう〜!
簡単なドリルとして、アドレスの時に背中に一本の中心線をイメージしましょう!
その線をを感じながら回転するというものです。

お借りしました
このイメージですね
ただしポイントとしては、画像の様な細い線ではなく、電信柱の様に少し太い線をイメージしましょう!
細い線ですと、どちらかに倒れたりしてしまわれる方もいらっしゃいますので、少し太い線に背中を当てているイメージです。
その太い線を背中でなでる様に回転するイメージであれば、比較的簡単に回転軸を意識しながらスイング出来ると思います。
もちろんビジネスゾーンで軸を感じてスイングして、その延長がフルスイングになるので、まずはゆっくりで構いませんので、軸を感じてバランスのいいスイングを心掛けましょう!

クラブは一つの面として捉える

ボールをクラブヘッドでスクエアに捉えるのは、とても小さいボールを少し大きなクラブヘッドで捉えると考えると、とても難しく思えたりしますよね?
そこでクラブヘッドのフェース面とシャフトを一つの面として考え、その大きな一つの面でボールを捉えると考えてみると、比較的簡単にイメージが掴めるのではないでしょうか?
点と点を結ぶのではなく、点を面で捕まえると思えば、比較的楽ですよね!
ただし、タイミングをしっかりと体に覚えこませなければなりません。
タイミングの取り方としてポイントとなるのがボディーターンです!
ビジネスゾーンで重要なのもボディーターンでもあることから、しっかりとビジネスゾーンを練習することで、ナイスショットは生まれるでしょう!

皆様も一度お試しあれ!!

ではでは〜

マスターでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする